体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

仮面少女がベールを脱いだ⁉ 仮面女子“窪田美沙”の魅力をピックアップ!!

MON_0110(サイズ修正)

パセラリゾーツ AKIBA マルチエンターテインメント7階に構えるアリスプロジェクト常設劇場『P.A.R.M.S』で活動する国民的地下アイドル『仮面女子』。そんな仮面女子メンバー窪田美沙さん(以下 窪田さん)が2016年3月24日に1stイメージDVD『MIXジュースください!』を発売する。そこで、そんな窪田さんがどんな女の子か徹底取材し、その魅力に迫ってみた!

DSC_0012

――最初に窪田さんが仮面女子に入ろうと思ったキッカケをお聞きかせください?

窪田さん:高校生のときからアイドルをやりたいって思っていて、卒業してからいろいろ調べていたんです。ちょうどその頃、事務所のアリスプロジェクトで『アイドル黙示録』というオーディションが行われていました。そのプロモーションビデオを見ていたら、ヘッドバンギング(以下 ヘドバン)という頭を上下に振る光景を見て、「なんだ! このアイドルは⁉」って衝撃を受けたんです。それまでアイドルってヲタ芸のイメージが強かったんですけど、学生のときに軽音楽部に入っていたから魅力的に感じちゃって……(笑)。それでオーディションを受けちゃいました!

――ちなみに軽音楽をはじめたキッカケも聞いていいですか?

窪田さん:中学生の頃に吹奏楽部に入部していて、そのとき女子の先輩がドラムを上手に演奏していたんです。それがすっごくカッコよく見えて、女の子でもカッコよく見えるんだ! って思ったんです。それでドラムも好きになって、高校生のときに軽音楽部に入部しました。

――やっぱり当時から音楽に関わりたいという気持ちがあったんですか?

窪田さん:はい! なんだかんだ言って音楽が好きだったんだと思います。幼稚園の頃からピアノを習っていたり、音楽番組とかも好きで見ていたりしました。実は、昔はピアノの先生になりたいって思っていたんです。

――劇的な変化を遂げられましたね!

窪田さん:劇的ビフォーアフターです(笑)。

――そういえば、仮面女子のマスクをかぶって歌うとき大変なことはありますか?

窪田さん:実は最近悩んでいることがあるんです! 仮面をかぶると視界が狭くなるんで、手を伸ばしたら隣のメンバーに当たっちゃうこととかあって……ちょっと危ない……。

――実際に当たってしまったこととかあるんですね。

窪田さん:やっぱりぶつかってしまったときは危なかったです(汗)。

――ところで、窪田さんのステージ動画を見たとき、歌いながらリズムを取っている気がしたんですけれど?

窪田さん:たぶんそういう振りですね。仮面女子って細かいところまで振り付けを決めるので。角度や振りの大きさとか。

――実は窪田さんだけがリズムを取っているシーンがあったので、身に着けているのかなと?

窪田さん:そうですか⁉ もしかしたらクセとして身に着いているのかもしれないですね!

MON_2268(サイズ修正)

――1stイメージDVDについてなのですが、セーラー服とか浴衣などの衣装で特にこだわったポイントなどはありますか?

窪田さん:セーラー服のときにスカーフを着けているんですけれど、普通は赤色とか紺色が多いと思うんです。だけど今回は清楚に見えるように白色を選びました。あと、浴衣を着たときは、大人っぽいシーンとか、元気なシーンのなかで、ピンク色で女の子の可愛らしさを表現してみました。私、ピンク色が大好きなんです!

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。