ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android Nの内部コードネームは「NYC(New York Cheesecake)」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

先週、Android N の Developer Preview 版がサプライズ公開されてコードネーム名が何になるのか注目されていましたが、Google 内部では 「NYC」で呼ばれていることが判明しました。Google が Android 4.4(Kitkat)からコードネームを内部の開発用と公式リリース版で分けているのはご存知の通りだと思いますが、Android Open Source Project に「nyc-dev」のブランチタグが用意されていることが判明しました。内部コードネームは、KitKat が「Key Lime Pie(KLP)」、Lollipop が「Lemon Meringue Pie(LMP)、Marshmallow が「Macadamia Nut Cookie(MNC)」と 3 文字の単語で構成されていたことから、「NYC」も 3 単語で構成されていると考えられます。Android Police によると、NYC は「New York Cheesecake」でよく使用されるそうなので、内部コードネームはこの名前だと予想されます。Source : AOSPCooking Daily

■関連記事
「GFX Bench 5」が発表、Vulkan APIやバーチャルリアリティコンテンツをサポート
Google、Inbox by GmailのWEB版に「スマートリプライ」機能を追加
Samsung、Galaxy S5用のAndroid 6.0カーネルソースを公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP