体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

美少女→怨霊→ゾンビに変わるまで ホラー映画製作に使われる“特殊メイク”全工程[ホラー通信]

全部

ホラー映画で使われる恐ろしい特殊メイク……それがどうやって施されているのかを見る機会はなかなかないものです。ホラー通信はこのたび、日本のホラー映画やイベントで数々のホラーメイクを手掛けてきた一流の特殊メイクアップアーティスト・千葉美生さんの特殊メイクの工程を見せてもらえることになりました。読者の皆様にもホラー通信が目撃したその全工程をお届けしますッ。

今回特殊メイクをうけるのは新人女優・河原美結さん。笑顔のさわやかな美少女です。先日、「自分の顔写真を幽霊として使ってもらえる」という異色のクラウドファンディングを実施しているとしてご紹介したホラーオムニバス映画『恐怖のお持ち帰り』にて、河原さんは三話目の『墓荒しアイドル』に主演するのだそう。そう、この特殊メイク企画は河原さんを一流のホラー女優に育てるプロジェクトの一環なのです……。

関連記事:自分の顔が“幽霊”としてホラー映画に登場? 映画『恐怖のお持ち帰り』がマジなクラウドファンディング実施中 – http://horror2.jp/14131[リンク]

すべての画像が表示されない方はこちら

怨霊メイク

こちらがメイク前の河原さん。こんなにかわいい子が怨霊になっちゃうなんて、ちょっともったいないですね。

1_miyu

衣装に着替える

今回着るのは千葉さんが用意した血まみれのワンピース。この衣装は血のりでシミをつけている以外に、白い生地をコーヒーなどで染めて黄ばんだ感じを出しているそうです。

2_first

白いコンタクトを入れる

こわ。これだけで印象が変わります。

2_contact 2_contact2

白のベースメイク

千葉「真っ白に塗る場合もあるけど、今回は幽霊なのであとで汚しを入れるため、ムラが出るように塗っています」

2_founde1 2_founde2

顔をはじめ、手足にまで伸ばします。
千葉「全身を塗ると、理由は分かんないけれど“あったかくなってきた”という人が多いんですよ(笑)」

エアブラシでシャドウを入れる

鎖骨やあばらに沿うようにシャドウを入れると、あっという間に痩せこけた印象に。

2_air1 2_air2 2_air3

千葉「白いだけだと舞妓さんのように綺麗な肌に見えてしまうので、シャドウや汚しを入れることで“嫌な感じ”を出すんです

1 2 3 4次のページ
レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。