ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android Nの新機能 : アプリの外部ストレージへのアクセスを可能にする「Scoped Directory Access API」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android の次期メジャーアップデート版「Android N」に、アプリが外部ストレージのディレクトリ(フォルダのことです)にアクセス可能にする「Scoped Directory Access API」が追加されました。Scoped Directory Access API は、Android アプリが自信の保存ディレクト以外の外部ストレージへのアクセスを可能にする機能です。アプリが Pictures や Album といった外部ストレージにフォルダ単位でアクセスするアクティビティをシステムが検知してユーザーに許可 / 拒否を選択できるように画面にダイアログを表示します。現在のサポートディレクトリは、 Downloads、Music、Movies、Pictures、Documents、DCIM、ALarms、Podcasts、Ringtones、Alarms、Notifications です。これらのディレクトリにアクセスする際にはダイヤログを表示し、許可を与えるとアプリが該当ディレクトリのリード / ライトが可能になります。Source : Android Developers

■関連記事
米国のAmazonで「Moto X Pure Edition ホワイト&バンブー」が$299に値下げ
Android Nの新機能 : ブート時のロック解除前にアプリを実行可能にする「Direct Boot」モード
Android N Developer Previewで改善されたタブレットのPC利用

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP