体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

鉄火丼からピッツァまで食べられる焼肉屋さん @『焼肉はせ川』小田急相模原

16-hase2a074_R

さて、今月の『焼肉はせ川』定例報告会ですが、あれこれ他の記事を優先しているうちに、ちょいちょい書くのが遅れてしまいました。

しかし!

『焼肉はせ川』が『世界の焼肉はせ川』になるその日まで、筆者の布教活動は永遠に続くと言っておきましょう。

ほぼほぼステーキ!『焼肉はせ川』

16-hase2a059_R

すでにこのビジュアルもマンネリ気味な予感ですが、あえて言おう!

「肉は厚切りの方が美味い!」

通常、焼肉屋さんの焼肉は3~5ミリの厚さでスライスされています。希に2ミリ以下という鬼畜な店も存在しますが、焼肉という調理法を考えた場合、やはり3ミリ以上の厚さがないとジューシーさが損なわれてしまいます。

16-hase2a067_R

では、逆に肉が厚過ぎるとどうなるのでしょうか?

正解は”美味しくなり過ぎる”という答えになります。肉の厚さが5ミリあれば上々な焼肉の世界で、規格外の10ミリ越えを連発するのが『焼肉はせ川』なのです。

ちなみにコチラ、すでに20ミリ級の厚さがありステーキを超えたと言っても過言ではありません。

16-hase2a068_R

「肉が厚すぎると噛むのが大変なんじゃないのか?」

安心して下さい。コチラの”ミスジ”や”ヒレ肉”はA4、A5クラスの最上級の和牛で御座います。レアで焼き上げれば口の中でとろけるほどの柔らかさなので、頑張って噛む必要はありません。

この厚さとボリュームでお値段はなんと”1580円”と激安価格になっております。

16-hase2a061_R

若干、肉一皿で1580円は高いんじゃないのかと思われるでしょうが、普通の焼肉屋さんの2倍以上のボリュームはあるので、グラム単価でいえば

「高級国産和牛の希少部位が一皿800円以下!」

となります。これは普通の店でいえば”カルビ”とか”上カルビ”くらいの値段ですので、いかに『焼肉はせ川』が安いのかということになります。

牛タンもラム肉も極上である!

16-hase2a065_R

こちらの”上タン”で980円(超厚切り)で、このボリュームです。超絶厚切り仕様な”タン元”(舌の根元の方)は食感を考慮して包丁が入っています。

なので、牛タンですら厚切りにしても柔らかく美味しいのです。

16-hase2a064_R

さらに最近は”ラム肉”を推していて、タレに漬かっていない新鮮なラム肉が愉しめます。

16-hase2a070_R

焼肉全般、一分の隙もない『焼肉はせ川』ですが、このラム肉は北海道民も絶賛なので、是非とも食べて欲しいですね。

肉を燃やすなかれ!!!

16-hase2a018_R

あと、さんざん肉を燃やすなと連呼して来ましたが、あえて言おう!

「肉を燃やすなっつってんだろ!!!」

肉を網の全面に乗せると、ほぼ100%火が上がります。炭火は場所によって温度が違うので、あまり熱いゾーンだと肉は焦げてしまいます。

しかも網の全面に肉を乗せると熱が逃げないので、さらに炭火の温度が上昇し炎が上がりやすくなります。まして上質な脂の乗った国産和牛ともなれば、脂が落ちて燃えやすいのは自明の理で御座います。

「肉は一人あたり1~2枚づつ焼くべし」

一皿全部を網に乗せるのはド素人にも程があるというか、むしろ焼肉を焼く資格がないと言っておきましょう。

本人は気を利かせて、他の人の分の焼いているつもりなのでしょうが、はっきり言って肉を燃やしている時点でギルティです。

「肉を乗せ過ぎない、炎が上がったら網を持ち上げる」

たったコレだけの事が出来ないとか、本当に焼肉を舐めているとしか思えません。無知から来る愚行としても、焼肉を学ぶ姿勢のない人間は永遠に猿です。火を使った調理法は100万年早いのでバナナでも食ってて下さい。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。