ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジャスミンライスで食べる極上の欧風ビーフカレー @『カレーのモコモコ』東京都町田市

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

寝ても覚めてもカレーな日々の筆者ですが、カレーに関しては基本的に都内を中心に探していました。

しかし!

よくよく考えたら町田市も東京都だったんじゃないのかという、今更ながらの発見があり、これはついでに町田のカレーも開拓したら良いんじゃないのか、みたいな予感です。

というわけで、今回はタレコミ情報のあった『カレーのモコモコ』のカレーに迫ってみましょう。

駅から歩いてチョイチョイにある『カレーのモコモコ』

町田駅の小田急線側、第二踏切を斜めに税務署に向かって歩いて行くと、意外と近くに『カレーのモコモコ』はあります。

まず”第二踏切”が分からない町田市民はいないと思いますが、町田市民以外には1000%意味不明だと思われるので、サクっと説明しようかと思ったのですが、文章で説明すると逆に長くなるので店の所在地は『Googleマップ』で検索して下さい。

店の看板も大きいので割りとあっさり発見出来ますが、注意点としては営業開始が11:30からなので、フライングしないようにして下さい。

ジャズライブも開催している『カレーのモコモコ』

店内は予想以上にお洒落な感じで、ここが東京都ヤンチャ区町田市である事を忘れさせてくれます。

このシャレオツ感は代官山レベルでしょうか? ウッディーな店内は落ち着いた雰囲気で清潔感があります。これは確かにジャズのライブとかやっちゃうスペースかもしれません。

『モコモコ欧風ビーフカレー』(中辛)を食す!

この『カレーのモコモコ』には欧風カレーの他にも、南インド風カレーやタイ風カレーなどがありますが、今回は欧米な気分だったので『モコモコ欧風ビーフカレー』(880円)にしてみました。

ぱっと見た感じは、ごくごく普通のカレーですがライスの方に注目してみますと

「ジャスミンライス」

である事が確認出来ます。Wiki先生によると、ジャスミンライスとは”香り米”と呼ばれる世界的に最も高価な米で、その中でも特に有名なタイ産の『カーオホームマリ』の事を指します。

「なんだタイ米じゃん」

と思った人も少なくないでしょうが、普通のタイ米ではありません。5キロで3000円くらいする高級米なのです。

昔々、日本の米が不作でタイ米が大量に輸入された時は、多くの日本人に不評で

「タイ米=不味い」

みたいな印象が広まってしまいましたが、カレーには長粒種であるジャスミンライスこそ至高との見方が、世界的には優勢です。つまり長粒種(米が細長い奴)を見て

「タイ米かよ~ 国産米使えよな~」

と思ってしまう人は、いまいちカレーが分かってらっしゃらないと言う事で御座います。

あえて日本でジャスミンライスを使うと、むしろ国産米より原価が高くなるくらいですが、そこをあえてジャスミンライスにこだわる姿勢は、カレーに対してのパッションが感じられますね。

マイルドな『モコモコ欧風ビーフカレー』

メニューにも『モコモコ欧風ビーフカレー』は、比較的辛さは抑えたカレーとなっていますが、いつも激辛なカレーばかり食べる事は出来ないので、このくらいの辛さが普段使いのカレーとしてはベストです。

スパイス感は控え目なものの、良く見るとクミンシード(カレーの香りの元)のホール(粉じゃなくて粒な奴)があったりして、スパイスから起こす本格的なカレーである事をアピールしています。

ぱっと見たビジュアルは具が少ない感じで、これは本当にビーフカレーなのか? 本当は牛肉なんか入ってないんじゃないのかと思われるでしょうが

「安心して下さい。入ってます。」

牛肉はカレーのルーよりも重いので、深めな皿に沈んでいただけと言うオチでした。しかも、ちょいちょい多くの牛肉が沈んでいるのは嬉しい誤算です。

ちょっと大ぶりに切ってあるのは、煮込んでいるうちに牛肉の美味しさが抜けてしまわない為で御座います。

つまり、このくらいの大きさで牛肉がゴロゴロしているカレー屋さんは、分かってらっしゃるという事ですので覚えておきましょう。

牛肉が多いという事は、それだけ牛肉からスープに旨みが出ているという事なので、このサイズの牛肉がゴロゴロ入っていれば、99%そのカレーは美味しいと思って間違いありません。

ジャスミンライスとの相性が抜群である!

結果、ビーフカレーらしいビーフカレーであり、ジャスミンライスと合わせると至高の美味しさであると言っておきましょう。

野菜が溶けて、ほとんど目視出来ないレベルまで煮込まれたカレーは、適度なスパイス感とまろやかさ、大きな牛肉から出る旨みがあり、カレーとして完成されています。

それに合わせてベストな状態に炊かれた”ジャスミンライス”の組み合わせは最高ですね。

なんでもかんでも「日本米サイコー!」と言うのは農協に洗脳されたか、本当に美味しいカレーを食べた事がないかのどちらかです。

確かにカレーライスという視点で見れば、日本米も悪くは無いのですが、長粒種であるジャスミンライスはサラっとしているので、カレーには向いていると思います。

「真のカレー好きならジャスミンライスは必食である!」

ジャスミンライスを知らずにカレーを食べて批評するのは、カリフォルニアロールを食べて寿司を評価するのと同じ愚行で御座います。

『モコモコ欧風ビーフカレー』 総評

ジャスミンライスの存在を抜きにしても、この『カレーのモコモコ』の『モコモコ欧風ビーフカレー』は町田でもトップクラスのビーフカレーである事は、間違いないでしょう。

また、今回はベーシックな基本メニューを押さえると言う使命があったので、あえてスルーしましたが

『炙りカレー』(欧風ビーフカレーにチーズを乗せて炙ったカレー)

とか、非常にそそられる一品かと存じます。さらに本格的な南インド風のカレーやタイ風カレーなども注目ですので、再訪確定の店として今後も目が離せません。

それでは、是非皆さんも『カレーのモコモコ』に訪れて、美味しいカレーを堪能してみて下さい。きっと満足出来ると思いますよ。

『カレーのモコモコ』

住所:東京都町田市中町1-19-6

営業時間 11:30~14:00 17:30~21:00(土曜日は20:00まで)
定休日:月曜・火曜

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP