体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

想いの詰まった実家をどうする? 築50年超の古民家リフォーム

想いの詰まった実家をどうする? 築50年超の古民家リフォーム

古い日本家屋を買って大規模リフォームし、古い素材を活かしたスタイルのある暮らしがしたい……。そんな「古民家リフォーム」が人気を集めている。しかしその一方で、住み継いできた「想い」ゆえに、実家である古い住まいを持て余している人も少なくないのではないか。かくいう私も、築40年以上とおぼしき母方の実家が空き家のまま。親戚に売る話もあったものの、母の想いが強く、結局手つかずのままになっている。そこで今回は、実家である築50年超の古民家をリフォームしたというご家族を訪ね、リフォームに至った経緯を含め、お話を伺った。

受け継いだ住まいは、庭を望む広縁が趣深い日本家屋

Iさんのお宅は、Iさんの祖父が四国から木材を取り寄せるなど、素材にもこだわって建てた、築50年超の日本家屋。船底天井(※1)や、庭を望む広縁(ひろえん)(※2)のしつらえも趣深い二間続きの和室には、法事などのたびに親戚が集まる。Iさん自身も幼いころを過ごし、Iさんと両親はその後同じ敷地内に別の住まいを建てて暮らしていたが、祖父の死後も父が応接間を仕事場として利用するなど、家族の歴史が詰まった思い出深い家だ。

(※1)船底天井……中央が高く船底を上にしたような形状の天井で、部屋を広く見せる効果がある

(※2)広縁(ひろえん)……奥行きの深い縁側のことで和室に広がりを感じさせる

しかし、父が亡くなると状況が一変。「父の死が急だったこともあり、母を一人にするのが心配で……。もともと近くには住んでいたのですが、母の隣に引越そうという話になったんです」とIさん。ポイントは祖父の家をどうするか。建て替えてIさん夫婦や子どもたちの暮らしやすい住まいにするか、リフォームにとどめて古い住まいの面影を残すか。Iさんは母と何度も話をしたが、結論は容易には出なかったという。【画像1】リフォーム前のI邸(写真提供:クラージュプラス)

【画像1】リフォーム前のI邸(写真提供:クラージュプラス)

建て替えか、リフォームか? 決め手は「コスト」より母の「想い」

「古い家って、居心地のいい南側に応接間などが並んでて、家族の居場所は日当たりの悪い北側なんですよね。私としてはやはり南の日当たりのいい場所にリビングや居室を持ってきたかったし、洋風が好みでしたので、建て替えるのもいいかなと」

そういうIさんに対して、父の思い出や、祖父の想いの詰まった住まいに手を加えることを、なかなか決断できない母。何度も話し合い、相談した設計会社・クラージュプラスの担当者・上木さん、青木さんも含め、打ち合わせを重ねた。

「最初は建て替えか、リフォームかということで、どちらのお見積もりも出していました。正直なところ、大規模なリフォームを行う場合、建て替えでもコストはあまり大差ない場合も多く、それならと建て替えを選ぶ方も少なくありません」と上木さん。「しかしこの家は、最初に現地調査で伺ったときから、歪みもなくとてもしっかりした造りで、和室などの意匠(いしょう)も見事でしたので、上手に活かしてリフォームできたらという思いもありました」

打ち合わせを重ねるなかで出てきたのが、和室や広縁の一部をそのまま残し、そのほかをIさんの家族の好みに合わせてリフォームするプラン。「わが家の場合、決め手はコストではありませんでした。一進一退を繰り返して悩みぬいた母が、なんとか一歩を踏み出すための結論。それがリフォームだったんです」【画像2】I邸の間取り。before(左)→after(右)

【画像2】I邸の間取り。before(左)→after(右)

古いものを活かしながら、今のライフスタイルに合う住まいを

1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。