体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

藤原ヒロシ × 宮本彩菜『Nothing Much Better To Do』対談インタビュー

hf_ayana1

 

2016年からビクターエンタテインメントが「デラックス・エディション」シリーズを始動。その第1作品としてリリースされたのが、1994年に藤原ヒロシが作り上げた名盤『Nothing Much Better To Do』である。リミックスやプロデュースワーク、あるいはDJの現場でハウス、ダブ、ブレイクビーツといった海外のストリート/クラブミュージックから派生したサウンドを、時差のない同時的なカルチャーを彩るための息吹としていち早く日本に持ち込んだ藤原ヒロシ。そんな彼が生楽曲を軸に豊潤なメロウネスをたたえた東京発のアーバンミュージックをクリエイトしたのが、『Nothing Much Better To Do』だった。当時、このアルバムは渋谷系と呼ばれるムーヴメントと共振しつつも、東京の中心で独立した光輝を放っていた。今回のリイシューに際して、オリジナルマスターテープよりリマスタリングされ、そのエバーグリーンな求心力はさらに洗練され、味わい深いものになっている。『Nothing Much Better To Do』は“ストリート”や“アーバン”という概念の再構築であり、新解釈がクローズアップされている現行の東京のカルチャーシーンにも普遍的に響くだろう。

このリリースを記念して、NeoLでは藤原ヒロシの対談企画を実施。お相手は、モデルの宮本彩菜。1991年に大阪で生まれた彼女は、2013年から活動を始め、雑誌や広告などでモデルとして活躍する一方で、YouTubeやInstagramでは彼女自身が制作している動画や音楽にも注目が集まっている。

初対面の2人のクロストークは、内容も含めてじつにフレッシュだった。

 

——宮本さんはこれまで藤原さんの音楽を耳にしたことはありますか?

宮本「撮影現場で流れていて聴いたことがありました。あらためて今日の対談が決まって聴かせていただいて。繊細な音楽というか……勝手な印象ですけど、音楽に人柄が出ているんだろうなって思いましたね」

藤原「今日は僕の音楽の話はしなくていいですよ(笑)」

——いやいや、せっかくですから(笑)。宮本さんは1991年生まれですよね?

宮本「そうです」

——藤原さんが『Nothing Much Better To Do』をリリースしたのが1994年で。

藤原「じゃあ当時3歳とか、か(笑)」

宮本「そうですね(笑)」

——でも、本当にエバーグリーンなアルバムだと思います。

藤原「リリース当時もそんなに売れるアルバムだとは思ってなかったし、決してキャッチーな音楽ではないと思っていて。ただ、これはズルいんだけど、貶しづらいアルバムだと思うんですよ。『ダサい』って言っちゃいけない空気感があるというか。映画でもたまにあるじゃないですか、『これいいね』って軽く言っておいたほうがいい作品みたいな(笑)」

hf_ayana2

——そのニュアンスもわからないでもないんですけど、このアルバムは東京発のアーバンポップのスタンダードとも言えるわけで。当時の藤原さんにも生楽器を使った普遍的な音楽作品をクリエイトしたいという思いがあったのではないかと。

藤原「ちょっとはそういう感覚もありましたね。それまで人のプロデュースやリミックスも含めて、ヒップホップであったり、ダブであったり、ハウスであったり、いろんな作品を作ってきたなかで、10年後に聴いても恥ずかしくない作品を作りたいなという思いはありました。きっと今の大衆音楽でも10年後に聴いたら恥ずかしい曲がいっぱいあると思うんですけど、そういう作品にはしたくないなと。ちなみに宮本さんも音楽を作ってるんですか?」

宮本「いや、音楽を作ってると言っても、私のはただの遊びです(笑)。だから、藤原さんがどういうふうに音楽を作ってるのか、どういう気持でこのアルバムを作ったのかは気になっていて」

藤原「気をつけないと10年後に恥ずかしい思いをしますよ(笑)」

宮本「恥ずかしいかもしれないですね。でも、遊びだし、今しか作れない曲を作るのがいいかなとも思います」

藤原「うん、その感覚はすごく大切」

宮本「私は音階とかも理解してないし、知識がないからこそ挑戦できることがあるのかなって思うんですよね。友だちと一緒にただ自分たちが聴いて気持ちいい音楽を作りたいという遊びなんですよね」

藤原「もともとどういう音楽が好きなんですか?」

宮本「姉が、アメリカンポップスが好きで。ブリトニー・スピアーズとかディスティニー・チャイルドとかのMVをMTVで毎日のように観ていて。お姉ちゃんと一緒にダンスをまねしたりしていたんです。それで、高校生のときにダンスを始めたんですけど。それから音楽に対する興味は強くなりましたね」

藤原「日本のポップスはあまり聴いてこなかったの?」

宮本「小学生のときはモーニング娘。とか聴いてましたね。お姉ちゃんから洋楽の影響を受けるまでは」

藤原「最近は洋楽に影響を受ける人って少なくなってますよね。僕らが若いころは邦楽を聴くことがダサいという風潮があったんですけど。そういう感覚はなくなっちゃった気がする」

——「なくなっちゃった」という感じですか?

藤原「そうですね。大学(京都精華大学)で教えてる子たちの話を聞くと、洋楽も聴くけど、邦楽も普通に好きという人が多くて。僕が18歳くらいのころは日本のアーティストは知らなかったし、邦楽が好きなのがカッコ悪いと思ってたから」

——そういう差別化はあったほうがいいと思いますか?

藤原「ちょっとあってもいいのかという気がしますね」

——今の東京のインディーズシーンには藤原さんの音楽性とも共鳴するような若い才能がいっぱい出てきてますけどね。あまり知らないですか?

藤原「あんまり知らないですね。イベントで一緒になってCDをもらって聴くくらいで。宮本さんが作る曲の歌詞は日本語なんですか?」

宮本「一応、日本語なんですけど、小さいころから歌詞を聴いて音楽を楽しむという感覚があまりなかったので、歌詞の内容も特に意味はなくて。曲を作ってるときになんとなく聴こえた言葉を繰り返したり。洋楽って無意味な歌詞が多いじゃないですか。あくまで言葉を音として捉えてるというか。その感じが好きだからあまり邦楽を聴いてこなかったのかもしれないですね」

hf_ayana4
1 2 3次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。