ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2台同時充電は当たり前!? スノーマンver『ダンボーバッテリー』フォトレビュー

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

今まで数多くのモバイルバッテリーを生み出してきたcheeroのモバイルバッテリー『Power Plus』シリーズ。今回ご紹介する最新鋭バージョンのは『cheero Power Plus 3 DANBOARD VERSION スノーマン』です。Power Plus史上でも最高峰の13400mAhという、可愛げな外見とは裏腹に超大容量を実現! 写真と共にその全貌をお見せします!

(撮影:ガジェット通信撮影班 106)

スノーマン仕様&超大容量はダテじゃない!

今まで数多くの名モバイルバッテリーを生み出してきたcheeroのモバイルバッテリー『Power Plus』シリーズ。最高クラスのスペックを誇る『Power Plus 3』が登場してからしばらく経ちますが、ついに今回! 全国のダンボーファン待望のダンボーモデルが登場しました。しかもカラーバリエーションはなんと4色!

まずはパッケージを見てみましょう。スノーマンバージョン&13400mAhの文字もバッチリとパッケージに表記されています。ダンボール感のある箱もいい味を出していますね。

開封してみると、バッテリーのサイズがなかなか小さいことに驚きます。
付属物としては、『ポーチ』『USB-Micro USB ケーブル(黒)』『説明書/保証書』が同梱されています。

ダンボーバッテリーシリーズでもお馴染みだった特製ポーチですが、今回は水色の柔らい生地のポーチとなっております。表面にはダンボーの可愛らしい顔があしらわれています。

試しに本体を収納してみるとご覧の通り、すっぽりと余裕を持って収めることが可能となっております。本体の真っ白なダンボーともあいまって、電池らしからぬ軽やかな雰囲気です。


入出力ポートもシンプルで、同時充電が可能となる2つのUSB出力とマイクロUSB入力ポートが備わっています。ポーチと同じ、パステルブルーで印字された文字が嬉しいです。ボタンもひとつで簡単操作となっております。


ダンボーのお顔は表面に大きく描かれています。他のダンボーバッテリーとは異なり、この『スノーマン』バージョンには真っ赤な鼻が描かれているのが特徴です。使用時には、右下の電池残量インジケーターが点灯します。


iPhone6sなら5回もフル充電できるほどの能力があるダンボーバッテリー。
このバッテリーの最大の特徴、13400mAhという大容量を活かした“2台同時充電”もこの通り、なんら問題なく行う事ができます。接続されたデバイスを自動で認識し最適な電流を流してくれる機能があるので、iPhoneとAndroid端末の同時充電なんかも気兼ねなくできるのが良いですね。


ポケットにも入るくらいのコンパクトサイズも魅力ですが、他のスマートフォンと比較してみてもその小ささは際立ちます。手前からASUSのZenFone2、iPhone5sが並べてあるのですが、それらのシルエットに収まるくらいのサイズ感は有り難いです。iPhoneであれば、ダンボーバッテリーの上にiPhoneを重ねても片手で使用できるほどです。

今回ご紹介したスノーマン以外にも、オリジナルカラー、スーパーカーレッド、ゴールドインゴットのカラーバリエーションがあるので要チェックです!

製品仕様/技術仕様

■内蔵電量:13400mAh 3.6V (48.24Wh) 日本製Panasonic製リチウムイオン
■入力:5V / 2A MAX
■出力:5V / 3.4A (合計) USB×2ポート (Auto-IC機能付き)
■本体充電時間:約8時間 ※2Aアダプタ利用の場合
■主要機能:残量インジケーター(4段階)
■寸法(本体)/重量(本体):約 92 × 80 × 23 mm / 約 245 g
■各種保護機能(自動停止機能)
過充電(電圧/電流)時 、 過放電(電圧/電流)時 、短絡化(ショート)時 、 発熱時 、 デバイス充電完了時
■付属品:ポーチ、USB-Micro USB ケーブル(黒)、説明書/保証書

サポート情報

ティ・アール・エイ株式会社
お問い合わせ先:love@cheero.jp

通販サイト

ダンボーバッテリー cheero Power Plus 3 DANBOARD VERSION スノーマン
[リンク]

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 106) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP