体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「キンプリはいいぞ」からの快挙! 興行収入2.5億円突破! 映画『KING OF PRISM by PrettyRhythm』サンキュー舞台挨拶レポート

舞台レインボー

3月9日、新宿バルト9にて「『KING OF PRISM by PrettyRhythm』公開3ヶ月突入! サンキュー 上映会」が行われました。1月9日より公開された『KING OF PRISM by PrettyRhythm』(通称キンプリ)は、『プリティーリズム・レインボーライブ』のスピンオフ作品として制作された劇場アニメ作品。公開から1ヶ月目を迎える頃からTwitterを中心に口コミで「キンプリはいいぞ」や「キンプリへようこそ」といったフレーズと共に作品の感想が話題となり、現在では「1度観たらまた観たくなる」、「人に勧めたくなる」、といった現象が起きています。

『キンプリ』は、通常の劇場上映とは別に「声出しOK、ペンライトOK、コスプレOK」の“応援上映”回もあり、想い想いのラブコールを叫んだり、ライブシーンでペンライトを振ったりと、さながらライブのような臨場感を味わえることから人気を博しています。

afureko_ouenjoei

公開から3ヶ月目を迎えて、応援上映回のみならず通常上映回も満席が続出しているロングランヒットとなった『キンプリ』。今回は、公開3ヶ月目突入を記念して特別上映会と舞台挨拶が行われました。舞台挨拶には、メインキャストを務める寺島惇太さん(一条シン役)、菱田正和監督、キャラクターデザイン&原案の松浦麻衣さん、タツノコプロプロデューサーの依田健さん、エイベックス・ピクチャーズプロデューサーの西浩子さんが登壇。作品の主要制作スタッフが勢揃いした豪華な舞台挨拶となりました。

ファンの地道な「キンプリはいいぞ」のおかげ

3

「ここまでを振りかえって印象的なこと」として寺島さんは「Twitterを開けば『キンプリはいいぞ』という単語が飛び交っていて、初日から考えられないくらい多くの人に応援されているのを日々肌で感じます」と熱量を感じるコメント。菱田監督は「まさかいまも上映しているというのは想像していませんでした。バレンタインも上映するかしないか、シン・ルヰの誕生日もできると思っておらず、本当にみなさんのおかげです。ありがとうございます」とイベント上映が出来た喜びを語りました。

続いて、菱田監督から「みんなに言いたいことがありまーす!」とさっき“応援上映”で観たばかりのシンのセリフを叫ぶと、観客からは「なぁにー!?」という返答。「キンプリを応援してくださるエリートのみなさんのおかげで、興行収入が1億を突破しました!」と告げると観客からは大きな歓声が! しかし「という、お知らせを今日する予定だったんですが……」と続ける監督に観客席もざわめきます。「なんと、3月9日で、興行収入が2億5000万円を突破しました!」と宣言すると先ほどよりも大きな歓声と拍手が鳴り響きました。

菱田監督は「サンキュー上映が決まった時点では、先週末ぐらいで1億円ぐらいだろうという予想だったのがどこからパンデミックしたのか、この10日間くらいがすごかったようで」とコメント。また、「最初の1週目、2週目ぐらいでは3000万円ぐらいだろうという話をしていたのですが」ともコメントしており、現在では予想の8倍の興行収入となっています。

IMG_1960

この結果を受けて、西さんは「この作品を上映して今に至るまで、何回も絶望しました。予測に到達しなかった時も、前売りが全然売れなかった時も、絶望するたびに以前の劇場版『プリティーリズム』イベントのファンの方々の顔を思い浮かべて、みなさんを裏切れないなと思ったりしました。また、『プリティーリズム・レインボーライブ』のなるちゃんが“オーバー・ザ・レインボーセッション”で言った“あきらめないもん!”を何回も頭で流しながらここまでやって来ました。これは奇跡じゃなくて、ファンのみなさんの応援や、Twitterでフォロワーが減っても布教し続けてくれたファンのみなさんのおかげです」とこれまで支えてくれたファンへの感謝を告げました。

1 2次のページ
オタ女の記事一覧をみる

記者:

「オタ女」(おたじょ)は“ちょっと”オタクだったり、“隠れ”オタクだったりする女性の為のサイト。アニメ、マンガ、ゲームや声優さんについての情報を楽しく紹介していきます。オタ女だってカワイイものが大好きだし、キレイになって充実した毎日を送りたい。女性なら誰でも気になる美容や恋愛に関する情報も満載です。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

TwitterID: otajo_news

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。