体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

レバーを網脂で巻いてタレで焼いたら激ウマだった件の是非 @『串八珍』末広町店

kusihachin027_R

最近の秋葉原と言うと食に関しては非常に充実している気がします。若干、ケバブ屋さんの多さは謎ですが、全体的に”肉系メニュー”に関して不自由する事はありません。

しかし!

食事だけなら余裕ですが、夜にお酒を飲もうとするとイマイチ悩んでしまいます。

というわけで、今回は秋葉原の”酒”についてリサーチを始めた筆者が、オススメの店を紹介してみましょう。

元祖とんみそ!『串八珍』

kusihachin024_R

さりげなくガジェット通信編集部に用事のあった筆者は、夕方からの微妙な時間を潰す為に周辺を徘徊していました。

すでにお昼はカレーを2つ食べているので今更”飯系”は必要なく、かといってカフェで時間を過ごす風習はありません。

となると、筆者的にはちょっとビールでも飲んで、喉を潤したい衝動に駆られます。

しかし!

待ち合わせ時間まで小一時間なので、あまりガッツリと居酒屋に入っても、盛り上がった頃に終了となるので微妙です。

するとどうでしょう?

『串八珍』なる店が編集部の至近距離にあるではありませんか! これなら待ち合わせ時間ギリギリまで、安心して酒を飲む事が出来る予感です。

焼き鳥が安いぞ!『串八珍』

kusihachin043_R

まずはビールを飲みながら、何を食べるかメニューを見ながら思案します。

確実、腹は減っていないので筆者としては”焼き鳥”をメインに、酒を2杯くらい飲めれば上々でしょうか?

ほほう……。

税別とは言え、焼き鳥一本100円からとなると、ちょっと嬉しくなってしまいますね。

最近は焼き鳥も一本120~150円、高ければ200円とかするので100円となるとリーズナブルと言えるでしょう。

kusihachin044_R

「もしかしたら業務用の冷凍焼き鳥なんじゃないか?」

みたいな不安が頭を過ぎりますが、何気に”せせり”みたいなマニアックな部位もあるので、もしかしたら”手刺し”の可能性も高いと踏んでの入店で御座います。

安定のファーストチョイス!

kusihachin028_R

筆者的に鶏で一番美味しいと思う部位、首肉を使った”せせり”は安定のファーストチョイスで御座います。鶏肉のコクと程よい脂、適度に締まった肉質は、焼き鳥に向いています。

kusihachin031_R

次に”ぼんじり”も合わせましょう。鶏皮も選択肢としては悪くないのですが、この”ぼんじり”(鶏の尻尾の方)だと脂の乗ったプリプリな身も味わえるのでお得です。

kusihachin034_R

さらに焼き豚でハラミ、シロ、網脂レバーを追加します。

珍しい所では”網脂レバー”とか気になりますね。気になったら食べる派なので、ここは迷わずファーストオーダーに組み込みます。

kusihachin029_R

基本的には塩派な筆者ですが、大将が

「網脂レバーはタレがオススメです!」

と言う事で、ココは素直にタレにチェンジです。このように塩、タレに関してアドバイスを頂ける焼き鳥屋さんは、優良店である事が多いので覚えておきましょう。

100円だから残念な可能性もあると覚悟していたのですが、出て来た焼き鳥はどれも良い出来栄えです。

串も手差しで、大きさも丁度良く100円の焼き鳥には見えません。

「コレは勝つる!!」

迷わず追加オーダーをする筆者で御座います。

秘伝とんみそ『串八珍』

kusihachin032_R

筆者の予想を上回る『串八珍』の焼き鳥に敬意を表し、店の看板とも呼べる”秘伝とんみそ”のシリーズを追加します。

kusihachin040_R
1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。