ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

トヨタが視覚障害者用ディバイスを開発!次世代研究機関にも1100億投資

DATE:
  • ガジェット通信を≫

トヨタといえば日本有数の大企業で、世界各地に支社を持つグローバル企業の一つ。

車のイメージが圧倒的に強い同社ではあるが、トヨタのアメリカ法人「Toyota Motor Co.」が視覚障害者用のディバイスを完成させた。

補助犬と合わせて利用!

このディバイスは「Project BLAID」と名付けられており、「BLIND」と「AID」を掛け合わせた造語。

ディバイスは首の枕のような形をしており、肩に装着して使用。

カメラが装着されており、トイレ・エスカレーター・階段・ドアなどを認識。補助犬と併用するディバイスとして使われ、音声や震えでナビゲーションを行ってくれる機能が付いている。

現在は販売を行う予定はないが、より機能を充実させるため、マッピング機能、物体や顔の認識機能も追加予定だという。

シリコンバレーにも研究機関を持つトヨタ

同社のサイモンナガタ上級役員は「トヨタが車以外にも技術があるということを証明できたと思う」とコメント。

トヨタは2015年度にシリコンバレーにあるAIやロボットの研究を行う機関「Toyota Research Institute 」に10億ドル(約1140億円)もの投資を行っており、近々ケンブリッジにあるMITの近くにも施設を建設する予定。

GoogleやAppleといったIT企業が先端分野に多額の投資を行っているが、日本企業にも期待したいところだ。

 Toyota creates device to help blind people move around

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP