ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

GENERATIONS、SCANDALとサイサイの追撃かわしビルボード週間チャート1位、加藤ミリヤの新作も上位に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 3月14日付のBillboard JAPAN週間セールスアルバムチャート“Top Albums Sales”は、GENERATIONS from EXILE TRIBEの3rdアルバム『SPEEDSTER』が下馬評通りの好セールスで初登場1位を獲得した。

 週なかば3日間のデータを集計する先ヨミ記事でもスタートダッシュを決めたことを伝えていたGENERATIONS from EXILE TRIBE『SPEEDSTER』だが、SCANDAL『YELLOW』、Silent Siren『S』とガールズバンドの意欲作による猛追をかわしてチャートの頂点へ。上記2作品が2位と3位にチャートインし、加藤ミリヤ8作目のオリジナルアルバム『LIBERTY』が好セールスで4位に入っている。

 また、先月E-Girlsがリリースしたベスト盤『E.G. SMILE-E-girls BEST-』は今週も5位にチャートインしており、2016年3月現在で24万枚を超えるビッグセールスに。本作がどこまで数字を伸ばせるのかにも期待したいところだ。

◎Billboard JAPAN週間セールスアルバムチャート“Top Albums Sales”
(2016年3月14日付)
1位.GENERATIONS from EXILE TRIBE『SPEEDSTER』
2位.SCANDAL『YELLOW』
3位.Silent Siren『S』
4位.加藤ミリヤ『LIBERTY』
5位.E-Girls『E.G. SMILE-E-girls BEST-』

関連記事リンク(外部サイト)

【先ヨミ】GENERATIONS最新ALがSCANDALとSilent Sirenを抑え現在トップ
アンダーワールド 『Mステ』演奏曲目決定!新曲「If Rah」とあの歴史的名曲を披露
福山雅治の音楽ドキュメンタリーがNHKでスタート、「歌は言葉よりも深く届く」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP