体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『カールスジュニア』の朝メニューを食べてみた(値段表画像あり) @秋葉原

carlsjr018_R

今、日本で一番注目されるハンバーガーと言えば、3月4日に秋葉原にオープンした『カールスジュニア』で間違いないでしょう。オープン初日には先着50名様に

『ハンバーガー1年分無料クーポン』(週に一回使える)

が配布されるとあって前日からの徹夜組も出現しました。一週間に一個としても年間50個は無料で食べられるのですから、そりゃ徹夜もしますよねって話ですよ、お客さん。

『カールスジュニア』ブームに乗り遅れるな!

carlsjr003_R

そして!

さりげなく筆者は”電車始発組”で攻めようと思っていたのですが、夜明け前にはTwitter情報で

「すでに50人以上並んでいる」

との情報をキャッチし、すでに終戦のお知らせで御座います……。

電車に乗る前から終戦とか、どんだけガチ勢が居るんだよって話ですが、これは筆者の予想の範囲内です。

と、言う訳でさりげなくオープン時間を狙って秋葉原の『カールスジュニア』に訪れてみました。

するとどうでしょう?

carlsjr002_R

すでに150人くらいは並んでいて、コレはいかにファーストフードと言えども2時間、いや3時間は並ばないとハンバーガーを食べられない予感で御座います。

「撤収!!!」

ノーモア・行列を信条とする筆者の中に、小一時間を超える行列は有り得ませんので、速やかに撤収した次第です。

『カールスジュニア』のモーニングメニュー

carlsjr005_R

そもそもが。

すでに先行してプレス向けの試食会とか開催されているし、今更並んでレポった所で遅いっつう話ですよね。いや。それ以前に

「何故に筆者が試食会に招待されていないのか?」

まずはソコを小一時間コースですが、とりあえず終わってしまった事は仕方ないので今回はスルーします。(つまり次回は小一時間です)

と、言う訳でマイナー記者なりの愚策を巡らせた結果、逆にコレは”モーニングメニュー”にターゲットを絞れば、まだまだ勝つるのではなかろうか?

この一点に希望を託し、再び秋葉原の大地に降り立つ筆者であった。(プロローグ終わり)

『カールスジュニア』のモーニング的な何か

carlsjr009_R

すでに試食会に行けなかった時点で激怒プンプン丸な筆者ですが、何気に

「モーニングメニューは頂く!」

みたいな野望がありました。なので今回は万全を期して始発で秋葉原へGOすると言う、働き者みたいな積極さがジワジワ出ています。

しかし!

6時40分に現地に着くと誰も並んでおらず、むしろ7時半くらいまでは筆者とハトのみと言う、まさかの状態……。

「ノー・行列だと?」

いや、だったら俺も普通に8時に来たらええんちゃうんかと、激しく思った次第ですが、ここで列を離れて向かい側のカフェでコーヒー飲んでたら、また油断した隙にヤラれる予感なので頑張って並び続けました。

carlsjr007_R

結果、オープンの8時で10名居るか居ないかと言う、ほぼ一発目に余裕で入店出来る奇跡で御座います。

「前日の行列は一体……。」

と、思ってみたものの、とりあえず『カールスジュニア』さんがコーヒーとかサービスで開店前に配っているのをゲットしたり、ちょっとハトと仲良くなったので良しとしましょう。

carlsjr023_R

このシャレオツ空間は秋葉原でどんだけの需要があるのでしょうか? 無駄に洗練された感が半端ありませんが、バーガーの値段に見合う内装と言う事で納得しました。

carlsjr026_R

朝イチから一人で4個も食べて、誠に恐縮な33番で御座います。

carlsjr025_R
1 2 3 4次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。