体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新時代のゲーム機『PlayStation(R) VR』を体験してきた @企画展『GAME ON ~ゲームってなんでおもしろい?~』

PSVR

日本科学未来館にて3月2日より開催の『GAME ON ~ゲームってなんでおもしろい?~』にて、2016年発売予定の次世代ゲーム機『PlayStation(R)VR』を体験してきました。

『PlayStation(R)VR』とは?

『PlayStation(R)VR』は、現在ソニー・コンピュータエンタテインメントが開発中の新型ゲーム機です。”VR”は”ヴァーチャル・リアリティ”の略です。
公式サイトには以下のように紹介されています。

VRヘッドセットをかぶると、プレイヤーの360度全方向を取り囲む、迫力のある3D空間が出現。
目の前に広がる圧倒的な臨場感は、ゲームの世界に本当に入り込んでいるかのような体験をもたらしてくれます。

これが『PlayStation(R)VR』だ!

それではさっそく見ていきましょう。

PSVRUP

これが『PlayStation(R)VR』です。正面の四角い部分が目を覆うように頭にセットします。常に青白く発光しており、とてもサイバーな雰囲気です。

PSVR裏側

これが裏側です。軽い上に柔らかい素材でできているので、装着感は良好です。

PSVR裏側2

親指でこのボタンを押すことにより、パーツが前後に展開します。これで調整しながら頭部を挟み込むようにして固定します。
なお、記者は眼鏡着用者ですが、問題なく『PlayStation(R)VR』を装着することができました。

装着!

挟みこみ1 挟みこみ2

このように挟み込んで装着します。昔の特撮ヒーローみたいな雰囲気があります。
なお、その場にいらっしゃった方にモデルをお願いしました。

装着完了

装着完了です。なんとなく『電脳戦機バーチャロン』っぽいです。

ゲームのシステム

ゲームシステム

今回プレイしたゲームは、『PlayStation(R)VR』を装着した人が操作する怪獣と、通常のコントローラーを持ったプレイヤーの操作するキャラクター最大4名による対戦ゲームでした。

ゲーム画面

画面中央の怪獣と、画面下の小さなキャラクターが戦うことになります。『PlayStation(R)VR』を装着した人には、この怪獣から見た視界が広がっています。
キャラクター側は、様々な武器・アイテムを怪獣に投げつけたり発射したりします。『PlayStation(R)VR』を装着した怪獣側からは本当に物が飛んでくるように見えるので、実際に体をひねったり首をふったりしてかわします。『PlayStation(R)VR』を装着した人がちゃんと動けば、ゲーム内の怪獣も攻撃をかわしてくれます。逆にヘリコプターなどを怪獣が頭突きで破壊することで反撃できるシーンもあります。
装着している人の動きがリアルタイムに反映されるので、本当に物を投げつけられる怪獣になったような気分になります。怪獣を操作しているというよりは、怪獣を演じているといった感覚でした。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会