ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

毎日通いたい⁉︎ドバイにオープンした「昼寝バー」のおもてなしがスゴい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

脳の動きを活発にし、気分もリフレッシュさせてくれるお昼寝

本当は毎日時間をとりたくても、仕事に追われたり、スペースがなかったりと、なかなか難しいものですよね。

そんな私たちの心をとらえてやまない「昼寝バー」が中東のドバイに登場し、話題になっています。

喧騒から離れてくつろぎのひとときを

昼寝バーは、フランスの家具ブランド「Smarin」が手掛けたインスタレーション。

訪れた人が、しばらくの間はスマートフォンや電子機器から逃れ、体を休めて“充電”するための空間としてデザインされています。

デザイン家具で体もリラックス

会場にはSmarinの「Dune」というラウンジチェアを配置しています。

異なる密度の素材によって、ある部分は柔らかく、ある部分は固くなっているDune。

3つの形があり、自分がリラックスできるタイプもきっと見つかりそうです。

枕やポンチョのほか、ハーブティ、エッセンシャルオイル、心地よい音楽…と快適な昼寝のために必要なすべてが揃っています。

近所にあったら毎日通いたくなるような、うらやましいスポットですね。

日本でも気軽に入れる昼寝バーがオープン。

nap bar
http://www.smarin.net/en/projects/lets-have-a-nap–41-461-0.html

インテリア(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP