ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MY FAVORITE 5 SOUNDTRACKS Sumire Taya

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

女性アーティストやクリエイターが、サウンドトラックを軸に心に残る映画を紹介する新連載がスタート。

初回は、バンドから執筆、イラスト、ショップオーナーなど多岐にわたる活動でガールズカルチャーを牽引する多屋澄礼がセレクターとして登場。

The Fabulous Stains – “Professionals”

「レディース・アンド・ジェントルマン・ファビュラス・ステイン」

アレクサ・チャンがお気に入りの映画として上げている「ファブラス・ステイン」。この最高にクールなガールズバンドの映画が日本でメジャーじゃないのは心底納得がいかない。目の上にいれた赤いアイシャドウ、サイドを刈り上げたヘアースタイルもGrimesなどの女性ミュージシャンたちに影響を与え続けている。The Fabulous StainsがShaggsのようにローファイなガレージバンドなのも素晴らしい。スキルよりも初期衝動に身を任せる3人の女の子たちの生き様から学ぶことは沢山ある。

Sonic Youth – “Kool Thing”
「シンプルメン」

ハル・ハートリーが愛するオルタナティブな感覚を誰かと共感すると嬉しくなる。私はSonic Youthの”Kool Thing”が使われたこのシーンを観る度に、女ひとり、男ふたりの組み合わせも含め、ゴダールの「はなればなれに」でアンナ・カリーナが帽子をくるりと翻しながらステップを踏んで踊るシーンを連想せずにはいられない。60年代に作られたあのシーンを90年代に変換する時に、小洒落たジャズナンバーをソニック・ユースに置き換える所がハル・ハートリーらしくて、更に夢中になってしまう。

Air  – “Cherry Blossom Girl”
「ロスト・イン・トランスレーション」

春は出会いと別れ。春風に吹かれて心が感傷的になるのは、きっと桜を観る度にAirのこの曲を思い出してしまうから。ビル・マーレイ、スカーレット・ヨハンソンというミスマッチさがソフィア・コッポラらしいというか、直球ではなく、変化球で勝負するところはそのキャスティングだけでなく、曲のセレクトにも彼女の趣向が強く反影されている。The Styxがクールだってことを教えてくれたのはソフィアでした。ドリーミーなこの曲を聴きながら東京を歩けば、きっと今までとは違う、ソフィアのフィルターを通した美しい日本が見えてくる。

Paul Simon – “Me And Julio Down By The Schoolyard”
「ロイヤル・テネンバウムズ」

ウェス・アンダーソンの作品のどの場面を切り取っても完璧である。熱狂的なファンを生み出しているのは、聴覚、視覚のふたつの要素がウェス・アンダーソンの美学に溢れているから。「ダージリン急行」でのThe Kinksの使い方は目から鱗だったし、「ロイヤル・テネンバウムズ」でのRamonesの使い方だって今までに何度も使われてきたのに、ウェス・アンダーソンの作品では何倍も輝いている。ニューヨークの街を疾走するシーンでPaul Simonのこの曲が流れるシーンが大好きすぎて、何度もリピートしてしまったのはきっと私だけじゃないはず。

 

 

The Smiths – “Please,Please Please Let Me Get What I Want” 「フェリスはある朝突然に」

「プリティー・イン・ピンク」が公開から30周年とのことで人気が再熱中のジョン・ヒューズの作品の中でも軽快かつウィットに富んだこの作品。ジョン・ヒューズは10代の心の痛みを誰よりもリアルに描く天才だった。彼がこの作品のクライマックスで選んだ曲がThe Smithsだったのが面白い。イギリスとアメリカ、国は違えど、10代独特のあの感情は共通しているし、それを同居させる事によって、よりメッセージ性が強くなっている。

 

 

多屋 澄礼(たや すみれ)

KBS京都ラジオで番組「多屋澄礼のNew Kyoto」でのパーソナリティ、DJ、執筆、イラストレーターとして、Twee GrrrlsClubのリーダーとしてVeronica Falls、Pascal Pinon、Hunx And His Punxなど海外アーティスト招聘など音楽を軸に活動。ショップViolet&Claireのオーナーでもあり、2016年2月1日には東京に新しく”SiS”をオープン。

http://www.violetandclaire.com  / http://tweegrrrlsclub.blogspot.jp

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP