ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大富豪が仕掛けた“人間狩りゲーム”の恐怖…… マイケル・ダグラスが主演する狂気のスリラー『追撃者』日本公開[ホラー通信]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

マイケル・ダグラス主演、ジャン=バティスト・レオネッティ監督がおくるスリラー『追撃者』が5月14日より日本公開決定。

舞台はアメリカ南西部、街から遠く離れた気温50度を超えるハーベ砂漠。そこでトレッキングガイドをする青年ベンは、ある日、趣味の狩猟を楽しむために訪れた大富豪マデックのガイドをすることに。順調に砂漠を進み狩猟ポイントに着いた2人でしたが、興奮したマデックはなんと探鉱者に向かって発砲。それを通報しようとしたベンに対し態度を急変させたマデックは、彼の衣服を剥ぎ取り砂漠に放り出すと、ライフルの照準をベンへと合わせるのでした。それは、マデックが仕掛けた“人間狩りゲーム”の始まりだったのです……。

ダグラスが演じるのは、“人間狩り”を楽しむ狂気の大富豪マデック。彼の獲物となるベンを演じるのはスティーブン・スピルバーグ監督作『戦火の馬』に主演した新鋭俳優ジェレミー・アーヴァインです。往年の名俳優が新鋭俳優を翻弄し、死に至らしめようとする構図もなんだか皮肉。アーヴァイン演じるベンは、砂漠ガイドとしての知識を武器にマデックの魔の手から逃れようと砂漠を駆け巡ります。

今作のジャン=バティスト・レオネッティ監督は、人間が“社畜”と“家畜”に分類された非情な世界を描き、本国フランスで物議を醸した問題作『カレ・ブラン』の監督でもあります。脚本はハリウッドリメイク版『呪怨』の脚本も手がけたスティーブン・サスコ

映画『追撃者』は5月14日よりシネマート新宿ほかにて全国公開です。どうぞお楽しみに!

監督:ジャン=バティスト・レオネッティ(『カレ・ブラン』)/脚本:スティーブン・サスコ(『THE JUON/呪怨』)
出演:マイケル・ダグラス(『ウォール街』『トラフィック』)/ジェレミー・アーヴァイン(『戦火の馬』『レイルウェイ 運命の旅路』)
2014 年/アメリカ/原題:BEYOND THE REACH/91 分/シネマスコープ/カラー/一般G
配給:ブロードメディア・スタジオ (C) 2014 Furthur Films, Inc. All Rights Reserved.

レイナスの記事一覧をみる ▶

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP