体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

うるう日の2月29日に、名物牛カツが500円になるプレイベント開催!超人気店「京都勝牛」が渋谷にオープン

京都の名店がひしめく先斗町に本店を構える、行列のできる牛カツ専門店「京都勝牛」が3月1日(火)に、いよいよ渋谷のメインストリート“道玄坂”にオープンする。

同店は京の割烹をコンセプトに、肉の旨みにこだわった厳選ロースにキメ細やかな衣を薄くまとわせ、わさび醤油で食す「和の牛カツ」を提供。揚げ時間は60秒。牛肉だからこそできる「中はミディアムレア、外はサクサク」の牛カツはまさに絶品だ。

一口目はわさび醤油で、二口目からは山椒塩、特製ソース、和風カレーつけ汁と4通りの味わい方で楽しむのがおススメ。

だし醤油の効いたとろとろの半熟玉子「京玉」は、黄身に牛カツをくぐらせても良し、おかわり自由の麦飯にかけて締めるのも良し!最後の一口まで飽きずに楽しめるのも、京都勝牛ならではの魅力。「牛ロースカツ京玉膳(京玉付)」(並/130g)は税抜1380円。

「京都勝牛 渋谷道玄坂」グランドオープンに際し、前日となる2月29日(月)には看板メニュー「牛ロースカツ膳」が税抜500円で食べられるという1日限定のシークレットイベントを開催。長蛇の列ができること必至だが、これだけおトクなら並ぶ価値はあるかも?!

「京都勝牛」の公式サイトはコチラ(http://kyoto-katsugyu.com/)。

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。