ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MWC 2016 : HTC、VRヘッドセット「Vive」の商用版を2月29日より予約開始、日本でも発売予定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

HTC は 2 月 21 日、米国のゲームベンダー「Valve」と共同開発している VR ヘッドセット「HTC Vive(商用版)」の予約時期を公開しました。今回の予約は試作機ではなく一般消費者向けの商用版で、2 月 29 日に予約受付が開始されます。米国価格は $799(約 89,900 円)です。発売時期は今のところ 4 月上旬で、発売日はアナウンスされていません。Vive のパッケージには VR ヘッドセット本体、コントローラー、ベースステーション、マイクが同梱されています。また、Vive の商用版では Android / iPhone と接続することが可能で、VR コンテンツの視聴中に通話したり、通知を受信して確認することも可能になっているそうです。発売国は、日本、米国、カナダ、英国、ドイツ、フランス、オーストリア、ベルギー、チェコ、デンマーク、フィンランド、アイルランド、アイスランド、イタリア、オランダ、ノルウェー、ポーランド、スペイン、スイス、スウェーデン、台湾、中国、オーストラリア、ニュージーランドの 24 カ国が発表されました。Source : HTC

■関連記事
MWC 2016 : ZTE、8.4インチ画面を搭載したプロジェクター付きAndroidデバイス「SPro Plus」を発表
MWC 2016 : Huawei、スリムな12インチタブレット / ノートPC「MateBook」を発表、価格は$699 ~ $1599
MWC 2016 : LG、全天球カメラ「LG 360 Cam」、VR ヘッドセット「LG 360 VR」、Parrotドローンリモコン「LG Smart Remote」、球体型カメラ「LG Rolling Bot」、新アプリ「LG Friends Manager」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。