ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

『テイルズ オブ エクシリア』ネタバレ事件、流出元の韓国ゲーム雑誌が見解発表 泥沼の予感?

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

プレイステーション3用ゲームソフト『テイルズ オブ エクシリア』が、9月8日の発売日を前にネタバレされてしまった事件で、流出元となった韓国のゲーム雑誌『ゲーマーズ(GAMER’Z)』が7日、公式見解を発表した。

文章では情報流出に対するお詫びと、攻略記事を掲載した経緯などを説明している。それによると、『GAMER’Z』は今回の事態で相当なダメージを受け、廃刊の危機に陥っているようだ。だが、問題を深刻は受け止めてはいるものの、責任は日本のバンダイナムコゲームス、韓国のバンダイナムコパートナーズコリア(以下、バムコリア)にもあり、自分たちだけが悪いのではないと考えていることが分かる。

読んでもらえれば分かると思うが、確かに『GAMER’Z』は攻略記事を掲載したが、これより先に韓国の流通元イントラリンスは堂々とシナリオブックを制作していたようだ。また、バンダイナムコゲームスは5日にお知らせを掲載し、「韓国の大手ゲーム出版社が、内容等について弊社の監修を経ていない攻略記事の載った雑誌を制作」と『GAMER’Z』側を非難しているが、『GAMER’Z』はバムコリア側から了解を得ていたことを明らかにしている。つまり、『GAMER’Z』だけがネタバレ事件の発端を作ったとは言えないようだ。

『GAMER’Z』側は「なぜ私たちだけが?」といった思いを抑えきれず、公式見解の発表に踏み切ったのだろう。だが、多くのゲームファンの期待を裏切ってしまったのは事実。まずは同様の事態を防ぐための対策などを示してほしいものだが、今のところ各社とも自己保身のための責任転嫁しか頭にないようだ。今後の展開はいかに……?

GAMER'Z

(ガジェット通信記者、朴 美奈による翻訳文)
こんにちは。月刊GAMER’Zです。
『テイルズ オブ エクシリア』攻略に関する一連の事件で、ご心配をおかけした読者の皆様、及び国内外のゲーム業界関係者の皆様にお詫び申し上げます。今回のバンダイナムコゲームス、バムコリア、イントラリンス、ゲーマーズを取り囲む流出事件について、私たちの立場を発表したいと思います。

私たちがこれまで何の立場も表明せずに黙っていたのは、狭い韓国のコンサルゲーム市場がこの事件によりさらに萎縮し、海外ゲーム開発者たちが韓国市場に悪いイメージを抱くのではないかと憂慮(ゆうりょ)したからです。特に、今回の当事者であるバムコリアとイントラリンスには、多大な被害を与えるのではないかと考えました。

可能なら私たちが一部被害を甘受してでも、今回の事件が水面下の交渉で静かに解決することを望みました。しかし、バンダイナムコのこれまでの対応は、すべての責任を『GAMER’Z』に押し付けようとするものでした。現在、『GAMER’Z』は、全社員が業務を正常に行えないほど深刻なダメージを受けています特に、創刊以来12年間にわたって国内外のゲーム業者や流通業者、読者たちと築いてきた信頼に傷を付けられることは我慢なりません。

また、これ以上、立場を表明せずにいると、私たちだけが取り返しのつかない大きな被害を被る可能性があったので、仕方なく私たちの立場を明らかにしようと思いました。『テイルズ オブ エクシリア』の攻略は決して無断で行ったのではなく、バムコリアの協力により進めたものでした。私たちは7月下旬に、イントラリンスが『テイルズ オブ エクシリア』のシナリオブック制作を進めているという情報を得たので、確認したところ事実であることが分かりました。なので、バムコリアと、『GAMER’Z』の9月号に『テイルズ オブ エクシリア』の攻略集を付けようという話になり、シナリオブックに使われたバージョンと同じ開発用の『テイルズ オブ エクシリア』ディスクをもらい、攻略集の制作にとりかかりました。この過程で、バムコリアは1度もエンバーゴ(報道解禁時刻)を求めたり、攻略の監修が必要だとの意向は伝えてきませんでした。

『GAMER’Z』はこれまで業者のエンバーゴ要請を破ったことはなく、攻略や記事の監修が必要ならばその要請に応じてきました。監修あるいはエンバーゴにより、攻略記事が仕上がっていても本誌に掲載しないケースや、攻略の一部分だけの掲載、次回号に分けて掲載したケースも多くあります。本誌が印刷される前日に要請を受け、特定の攻略内容がイメージカットに差し替わったことはいくらでもあります。

つまり、バムコリアからエンバーゴや監修要請があったなら、私たちはそれを無視しません。特に、今回の『GAMER’Z』9月号は、『テイルズ オブ エクシリア』だけの内容ではなく、要請があったならば10月号に掲載を繰り越すことも可能でした。また、ゲームの販売より先に、『GAMER’Z』に攻略記事が掲載されたケースは『テイルズ オブ エクシリア』は始めてではありません。

日本のバンダイナムコゲームスと韓国のバムコリアの間で、どんなやりとりがあったのか分かりませんが、9月5日にバンダイナムコゲームスが掲載した「お知らせ」は、まるで私たち『GAMER’Z』が無断で攻略記事を掲載したような表現でした。堂々と制作され韓国の予約購入者たちがみんな認知していたイントラリンスのシナリオブックまでも、始めから存在していなかったかのように言われています。

バンダイナムコゲームスとバムコリア双方が把握している事実が違うのか、あるいは関係者たちが言い逃れをしているのか分かりませんが、この状況を止めるために『GAMER’Z』9月号を回収、廃棄、あるいは初期販売終了にすれば、私たちが間違いを認めることになります。すでに、一連の事態により私たち『GAMER’Z』が受けたダメージは、簡単に回復できないほどです。

それにも関わらず、9月6日にこの事態を円滑に解決するため行ったミーティングで、バムコリアは今回の事態をすべて私たちにの犠牲によって終わりにすることを望んでいました。さらに『GAMER’Z』を廃刊させるとの言葉までありました。

このミーティングを通じ、バンダイナムコゲームス及びバムコリアが、今回の事態の責任をすべて『GAMER’Z』に転嫁させようとする意図があると私たちは判断しまし、バンダイナムコとバムコリアに対して多角的に対応することを明らかにします。

(2011年9月7日)

※月刊GAMER’Z公式ファンカフェに掲載された『テイルズ オブ エクシリア』ネタバレ事件に対する公式見解(韓国語)の翻訳文。一部修正あり。

※画像:インターネット教保文庫及び月刊GAMER’Z公式ファンカフェ

※この記事は、ガジェ通ゴールドラッシュの「朴美奈」が執筆しました。[リンク]

朴 美奈の記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。