ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

イー・モバイルのストレート型テンキー搭載Androidスマートフォン『Smart Bar S42HW』は9月22日、7インチXGAディスプレイのAndroidタブレット『A01HW』は9月15日発売

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

イー・モバイルを運営するイー・アクセスは9月7日、テンキーを搭載したストレート型Androidスマートフォン『Smart Bar S42HW』、7インチXGA解像度のAndroidタブレット『A01HW』の発売日と価格を発表しました。『Smart Bar S42HW』の発売日は9月22日、『イー・モバイル オンラインストア』での価格は同社ベーシックプランを契約した場合2万9800円。『A01HW』の発売日は9月15日、イー・モバイル オンラインストアでの価格は3万4800円。

今回イー・アクセスは『S42HW』の製品名を『Smart Bar』としたことを発表しました。名前の由来は”スリムでストレートな形状のスマートフォンというところから”とのこと。このタイプのAndroidスマートフォンは国内では初めて投入されます。カラーはブラック、ブラウン、ホワイトの3色。WCDMAでは1700MHz帯に加え2100MHz帯にも対応しています。また赤外線通信、テザリング(最大5台)にも対応しています。

スペックは、3インチWVGA(800×480)のタッチスクリーン、Qualcomm MSM7227 800MHz、512MBのRAMとROM、マイクロSDカードスロット(最大32GB)、背面に500万画素のカメラなどを搭載し、Wi-Fi b/g/n、Bluetooth 2.1+EDR、HSDPA 7.2Mbps、HSUPA 5.76Mbpsに対応。OSはAndroid 2.3(Gingerbread)。バッテリー容量は1100mAhでWCDMAでのスタンバイ時間は400時間、連続通話時間は320分。本体サイズは133mm(H)×51mm(W)×10.5mm(最厚部11.5mm)、本体質量は約114g。

『A01HW』は国内では珍しいXGA解像度の7インチタッチスクリーンを搭載するAndroidタブレット。OSはAndroid 2.3(Gingerbread)で、通信機能はWi-Fi(b/g)とBluetooth(2.1+EDR)のみ。7インチ(1024×768ピクセル、XGA)サイズのタッチスクリーン、Samsung S5PV210 1GHz、512MBのRAM、4GBのROM、背面に720pHDサイズの動画も撮影可能な300万画素カメラ、前面に130万画素カメラ、マイクロSDカードスロット(最大32GB)などを搭載。本体のUSBポートに接続した機器への給電が可能なチャージャー機能を搭載しているそうです。バッテリー容量は4800mAhでWi-Fi利用時の連続使用時間は7時間。本体サイズは133 mm(H)x188 mm(W) x12.64mm(D)、本体質量は約500g。
Source: イーアクセス


(juggly.cn)記事関連リンク
IFA 2011:Samsung、防水・防塵スマートフォン「Galaxy Xcover」を展示
英単語学習アプリ”もえたん”の無料体験版「もえたん for GREE」が公開中
HTC Holidayの画像がまたリーク、LTE網内での通信速度の結果も公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。