体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

映画でも使われている合成ソフトが無料 Blackmagic FUSIONが意外に便利

画像4

大手映画会社でも使われていると言われている合成ソフト『Blackmagic FUSION』の機能制限版が無料で使えます。業界ニュース的には二年前の話なのでとても古いネタですが、一般には全く知られていません。 というか合成ソフトって「ドラゴンを空に飛ばす」、「宇宙船やロケット、ミサイルとかを飛ばす」、「爆発シーンを作る」などと、普通な人の動画作成には全く不要だろ?と突っ込まれそうです。 でも、合成ソフトってホームビデオの編集にも使えてしまいます。

動画に合わせて他の動画をはめ込むことが出来ます

アマチュア向けの動画編集ソフトで難しいのは、動画に合わせて他の動画を合成することです。 普通に合成すると、ただ映像が重なり合っているだけで、カメラが首を振ると合成した映像はずれてしまいます。 このときに『Blackmagic FUSION』を使うと動画の動きに合わせて他の静止画や動画をはめ込むことが出来ます。 用途としては
・チームロゴを後から壁に合成する。
・隠したいポスターやナンバープレート、顔などを隠す。
・矢印などを合成する。 強調させたい部分に丸などを書く
などです。 これらが非常に簡単にできてしまいます。 今までこのようなことを行う場合は有料のVFXソフトを使う必要がありましたが、このソフトなら無料です。

画像1 画像2 画像3

画面に別の静止画をはめ込んでいます。 一度設定を行うだけで、後は自動で動画に静止画が追従します。

使い方は癖がありますが、覚えれば簡単です

『Blackmagic FUSION』の操作方法は他の動画編集ソフトや合成ソフトとは全く違います。 今までの感覚は全く通用しません。 Webで調べようとしても無料になって二年ほど経過していますが、全く情報が無いと言ってよいです。 このため、使い方を簡単にまとめて見ました。 この手順を覚えれば、後は独学で『Blackmagic FUSION』の操作方法を覚えられるのではと考えます。

1

動画ファイルはあらかじめ編集ソフトで連番の静止画に出力しておく必要があります。 一つのフォルダの中に静止画シーケンスを保存し、先頭のファイルをドラッグアンドドロップしてください。

2

Trackerという要素を追加します。メニューのToolから追加します。

3

Trackerと連番静止画(動画)を線でつなぎます。 この、要素を線でつなぐ方法が独自のインターフェースです。 慣れないと全く分かりません。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会