ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

地元民が伝授!あの山梨を代表する銘菓「桔梗信玄餅」の通な食べ方

DATE:
  • ガジェット通信を≫

年始に山梨の方と会う機会がありました。お土産に山梨の定番『桔梗信玄餅』をいただいたのですが、地元の方いわく、通な食べ方があるとのこと。

そこで今回は山梨を代表する銘菓『桔梗信玄餅』の通な食べ方を紹介したいと思います。また、もちだけなくさまざまな派生商品もあるとの話ですので、そのあたりも触れたいと思います。

桔梗信玄餅には「絶品プリン」まである


(C) Masayoshi Sakamoto

そもそも「桔梗信玄餅って何だっけ?」という方、『桔梗信玄餅』とは、きな粉の中に3切れのもちが入っていて、好みに合わせて黒みつをかけて食べるあの和菓子ですね。

公式HPによると、『桔梗信玄餅』は昭和43年にリリースされ、大ヒットを記録した歴史を持つとか。その後、時とともに山梨を代表する銘菓に育っていったのですね。その流れを受けて今では、

『プレミアム桔梗信玄餅吟造り』
『桔梗信玄餅生ロール』
『桔梗信玄生プリン』
『桔梗信玄ゼリー』
『桔梗信玄餅アイス』
『プレミアム桔梗信玄餅アイス』
『桔梗信玄飴』
『桔梗信玄棒』
『カントリーマアム桔梗信玄餅』
『桔梗信玄餅クレープ』
『桔梗信玄餅風味キャラメル』

などがリリースされているとか。すごいラインアップですよね? カントリーマアムまで出ているとは、ちょっと驚きです・・・。

ちなみに筆者は冒頭で紹介した山梨の方に『桔梗信玄餅プリン』もいただいたので、食べてみました。あの桔梗信玄餅の味わいを残しつつ、まろやかなプリンに仕上がっており、驚くほどおいしかったです。

「もっとないの?」と心の中でひそかに催促してしまったほど。筆者と一緒に居た70代の女性も、2個3個と平らげていました。幅広い年代に支持される味なのですね。

地元民が伝授! 桔梗信玄餅の通な食べ方!?


(C) Masayoshi Sakamoto

『桔梗信玄餅』をプレゼントしてくれた山梨県民いわく、地元では『桔梗信玄餅』を食べる際に、お皿を使わないと教えてくれました。

1.最初にビニールの包みを解いて広げる。
2.その上にきな粉ともちを出す
3.黒みつを好みに合わせてかける
4.混ぜて食べる

といった食べ方が通だとか。他の山梨県民に聞いたところ、「そんなの知らない」という意外な答えが返ってきたのですが、皿を用意しなくて済むこの食べ方は、すごく便利です。

真偽のほどは定かではありませんが、なんだか通になった気分にもなれますので、一度試してみてくださいね。

[桔梗屋]
[Photo by Shutterstock.com]

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP