ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2015年の国内スマートフォン出荷台数シェア、Androidは46.6%でiOSとの差を縮める

DATE:
  • ガジェット通信を≫

MM 総研は 2 月 9 日、2015 年通期の国内におけるフィーチャーフォン・スマートフォンの出荷台数データを公開しました(SIM ロックフリー端末は除外)。2015 年の出荷台は全体で 3,577 万台と、前の年から 6.6% 減少し、スマートフォンについても 2,758 万台と、前の年からわずか 0.4% ですが減少しました。スマートフォン率については、77.1% と、前の年から 4.7% 増加しました。スマートフォンの OS 別の出荷台数シェアでは、iOS が 53.4% でトップをキープしており、Android は 46.6% でした。しかし、Apple のシェアは前の年の 59.5% から 6.1% 減少した一方で、Android のシェアは前の年の 40.3% から 6.3% 回復し、iOS との差をかなり縮めました(昨年の公開データと比較するとわずかに数字が合いません)。Source : MM 総研

■関連記事
Googleマップのナビゲーション機能が改善、道路情報を地図に表示、ナビ音声がより自然な口調に変わる
Qualcomm、LTEカテゴリ16をサポートした「Snapdragon X16 LTE」モデムを発表、下りスループットは1Gbpsに
Android Wear 1.4(Android 6.0.1)で変更された初期化方法を紹介

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP