体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ハイレゾ対応Lightning接続イヤホン『IC-Earphone』を女子が試してみた!

01IMG_3422_R

リンクスインターナショナルが発売したiOS搭載デバイス用のLightningコネクタ接続イヤホン「IC-Earphone」を使ってみたので、レビューする。

02-2016-01-26 18.28.47_R

IC-Earphoneについて、リンクスインターナショナルの阪口貴紀さんに話を聞いた。

--このイヤホンの特徴を教えてください。

「MFi認証を取得したLightningコネクタ接続のイヤホンです。iOSデバイスから直接デジタル信号でハイレゾオーディオを取り出します。そして、量子化ビット24bit/サンプリング周波数48kHzのデジタル信号をD/A(デジタル/アナログ)コンバーターで初めてアナログに変換し内臓アンプで増幅します。つまり、リモコン部分まではデジタル信号なので劣化の少ないオーディオを楽しむことができます。スピーカー部分は密閉ダイナミック型の直径9mm、超高純度無酸素銅ケーブルを採用することで、ハイクオリティなサウンドを実現しています。先ほどお話しした手元で操作できる多機能リモコンに加え、絡みにくいフラットケーブルを採用しています。カラーはホワイト、レッド、グリーン、ブルーの4色です」

03-2016-01-29 23.28.00_R

--Lightning接続製品は出ていないのですか?

「いえ、他社からも発売されていますが、今日現在で確認できているのはイヤホンではなくヘッドホンです。値段から言ってもコストパフォーマンスは高い方ではないでしょうか。技術的にどうこう言うことではなく、認証を取得するのに手間がかかりその分のコストを考えると製品化が実現しにくかったのかもしれません」

04-2016-01-29 23.30.02_R

--ハイレゾ対応ということですが、かなりのハイサンプリング音源まで対応するのでしょうか?

「iOSデバイスのハード的な仕様から24bit/48kHzまでしかデジタル信号は取り出せませんからイヤホン側でもそれ以上のハイサンプリング音源に対応する必要がないので、24bit/48kHzまでとなります。また、標準のプレーヤーアプリではハイレゾに対応していませんから、対応アプリをダウンロードしていただく必要があります。もし、ハードが対応する以上のハイサンプリング音源を使用された場合は、D/Aコンバーターが自動的に24bit/48kHzまでダウンサンプリングして再生しますのでご安心ください」

08-IMG_3395_R

記者が通常使用しているスマホはAndroidなので、普段聞いている音源との比較は難しい。
そこで、モデルのNana.さんがiPhoneを使用しているので使ってもらった。

自分のiPhoneにこのイヤホンを差して、通常聞いているハイレゾではない、いつものハイレゾ非対応プレーヤーで音楽を聞いてもらったときの顔だが、「あっ」と声を上げたまま聞き入ってしまった。

10-IMG_3397_R

--どうですか?

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。