ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

120年以上の伝統ある文化庁登録有形文化財の天丼屋 / 土手の伊勢屋

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
tendon6

天丼(ハ)
2300円

JR南千住駅や地下鉄三ノ輪駅から徒歩10ほどの場所に、「土手の伊勢屋」と呼ばれている127年以上の伝統ある天丼屋がある。もともと川の土手沿いに店舗があったため「土手の」と呼ばれているのだが、創業の明治22年から現在に至るまで土手は消滅し、その名称にだけ名残がある。

・開店前から行列ができるほど
店舗はまさに歴史を感じる造り。それもそのはず、文化庁の正式な登録有形文化財としていま現在も「ほぼ当時のまま」残されている。ここの天丼が日本一美味しいと断言している人もいるほどで、日本全国から「土手の伊勢屋」の味を求めてグルメな人たちが集まる。その人気は、店頭に開店前から行列ができるほど。

tendon11 tendon12

・穴子も野菜も海老も入っている
ここの名物は何といっても穴子。新鮮さと美味しさを重視し、朝じめの穴子を使用。野菜や海老にも定評があり、どれを注文するか悩む人もいるかもしれないが、そんな場合は、天丼(ハ)がオススメだ。天丼にはイロハでランクが付けられており、上中下や松竹梅のようなもの。ハは穴子も野菜も海老も盛られており、「土手の伊勢屋」の味がすべて堪能できる集大成ともいうべき品。

・香ばしくも旨味たっぷりな天ぷら
この店の特徴は、たっぷりの衣をつけてごま油で揚げた天ぷら。衣は多いがモッサリせず、カラッとしている。タレが染み込んでフワッとしている衣も絶品で、食べれば食材のプレーンなテイストとタレ、そしてごま油が合流し、香ばしくも旨味たっぷりな天ぷらが堪能できる。

tendon7 tendon5 tendon8

・別注の味噌汁は必須
タレはやや多めで、まさに「大江戸の豪快な天丼」。部分的にタレが集中し、濃さを強く感じる部分もあるが、むしろそれが良い結果を生む。タレの侵入を許していない部分も多くあるため、味に起伏があり、食べていて飽きないのである。ただし、別注の味噌汁は必須。天丼(ハ)の美味しさを鋭い味噌の味で引き立ててくれる。

・満足度は半端ではない
ご飯の量は適度だが、天ぷらの量は尋常ではない。天ぷらを食べても、どんどん置くから天ぷらが出てくる。特にぷりぷりの海老が何匹も入っているのには驚かされる。みょうが、れんこん、ししとう、海老、大海老、穴子、隙間なく天ぷらが敷き詰められているのだ。これを食べて満足できない人はいまい。

tendon4 tendon2 tendon3 tendon1 tendon9 tendon10

もっと詳しく読む: 東京メインディッシュ http://main-dish.com/2016/02/09/doteno-iseya/

土手の伊勢屋
住所: 東京都台東区日本堤1-9-2
時間: 11:00~14:30
休日: 水曜日
http://tabelog.com/tokyo/A1324/A132401/13003745/

東京メインディッシュの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。