ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【衝撃】ファンに惜しまれつつラーメン屋「ソラノイロ ソルトアンドマッシュルーム」が閉店

DATE:
  • ガジェット通信を≫

soranoiro-2go-03

ラーメンファンに大絶賛されつつ、人気ラーメン店「ソラノイロ ソルトアンドマッシュルーム」(ソラノイロ2号店)が、2016年2月5日(金曜日)に閉店した。最終日の店内には、もう営業しないというのに「またくるよ」と言葉を発してしまう客たちの姿があった。

・まさに天才の領域
人気のラーメン屋として君臨する「ソラノイロ」は、ラーメンデザイナーやラーメンクリエイターともいわれるラーメン職人、宮﨑千尋氏の手によって生まれた。その類まれなるセンスとスキルで、今までにない奇抜なアイデアをラーメンに盛り込み、その個性だけでなく「味」においても客を満足させるという、まさに天才の領域に達した人物。

soranoiro-2go-06

soranoiro-2go-05

soranoiro-2go-07

・悲しまないラーメンファンはいまい
そして彼のもとでラーメンを学ぶ弟子たちも、素晴らしいスキルで独創的かつ美味なるラーメンを紡ぐ(宮﨑氏をしのぐ職人が生まれるかもしれない)。健康、味、質、居心地、そして接客、そのすべてにおいて「優しい」。そんな「ソラノイロ」の2号店が閉店するのだから、これを悲しまないラーメンファンはいまい。

・特製キノコノベジソバ
閉店日の夜、記者が店内に入ると、すでにほとんどのラーメン屋サイドメニューが品切れになっていた。幸いにも「ソラノイロ ソルトアンドマッシュルーム」のメイン的メニュー、特製キノコノベジソバが最後の一杯として残っていた。もちろん、その「最後の一杯」を注文する。

soranoiro-2go-04

soranoiro-2go-03

・ポルチーニ茸にも勝る深み
テーブルに出されたどんぶりから立ち上る、キノコの芳醇な香り。この香りは作られたものではなく創られたもの。キノコの風味を存分に感じられるよう、職人技で濃度と旨味を昇華させてあるのだ。スープに溶け込んキノコの旨味は尋常ではない。

・進化した新たな味が体験
このラーメンがもう食べられなくなるのかと思うと、ラーメンファンとして非常に悲しいものがある。「ソラノイロ ソルトアンドマッシュルーム」は閉店してしまうが、改めてまた、別ブランドが生まれるといわれている。その誕生に期待して、近い将来、進化した新たな味が体験できることを願いたい。

soranoiro-2go-01

soranoiro-2go-02

https://youtu.be/G6B2P9Rmh20

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2016/02/05/soranoiro-2/

ソラノイロ

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。