ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

メガデス 1992年以来の全米最高位獲得&メディア大絶賛でデイヴ歓喜

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 新メンバーにアングラのキコ・ルーレイロ(g)とラム・オブ・ゴッドのクリス・アドラー(dr)を迎えた新生メガデス。1月22日にリリースした15thアルバム『ディストピア』が全米アルバムチャート初登場3位を記録した。

 これは1992年に発売した『破滅へのカウントダウン』が全米チャート2位を獲得して以来の、バンド史上2番目の高順位となる。合わせてロックアルバムとハードロック部門では1位を獲得。そしてセールス枚数でも2007年に発売した11作目のアルバム『ユナイテッド・アボミネイションズ』以来となる高セールスとなっており、今作への期待の高さと、新生メガデスの音の評判の良さが伺える。

 メディアでもアルバムの評判は良く、「力強く威嚇的なスラッシュ・メタル。新作『ディストピア』でメガデスのサウンドが生まれ変わった」(米ROLLING STONE誌)、「『破滅へのカウントダウン』以来のメガデスのベスト・アルバムだ」(独ROCK HARD誌)、「『ディストピア』は、彼らの最高傑作とよんでもいい出来の作品だ」(英KERRANG!誌)、と絶賛の嵐となっている。

 メガデスの創設者であり、リーダーのデイヴ・ムステインはこの結果について、「才能溢れるアデルのようなスターがポップチャートで1位にいるときに、ハード・ロック・チャートで1位を獲得するなんて、俺は『ディストピア』の結果に本当に嬉しく思っている。チャート上はとてもうまくいっているから、次はまだ買っていない人たちにも聞いて欲しいね」と語っている。

 バンドは、2月20日のテキサスからディストピア・ワールド・ツアーをスタートする。

関連記事リンク(外部サイト)

アデルが米アルバム・チャートで首位奪還、メガデスが3位に
新生メガデス iTunesチャート1位の新アルバムよりアニメーションMV公開
『BURRN!』2月号 表紙巻頭にメガデス登場 新作『DYSTOPIA』の全貌に迫る

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP