ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

太陽光を自宅で簡単に蓄積!好きなときにエネルギーを使えるデバイス「ORISON」が便利そう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

電力自由化のニュースで、国民の関心はにわかにエネルギー問題に集中。我々日本人も、資源について、そろそろ真剣に考えるときが来たようだ。

さて、エネルギーと言って、アーリーアダプターの読者が真っ先に思いつくのは、太陽光ではないだろうか。

テッカブルでも、ソーラーパワーを利用したデバイスをこれまでに数多く取り上げてきた。今回ご紹介する製品は、その究極像と言っていいかもしれない。

・コンセントに差し込むだけですぐ使える!

Kickstarter登場後、わずかな期間で資金調達に成功した「ORISON」。自宅に置くだけで簡単に太陽光エネルギーを蓄積するという、画期的なデバイスだ。

コンセントに差し込むだけで、即利用可能。オンになった瞬間から、エネルギー収集を開始する。ためたエネルギーは、デバイスと連動する専用パネルを介して、各部屋で使用できる仕組みだ。

ユニットの管理やエネルギーチャージ量は、アプリで確認。「ORISON」を使うことで、どれだけコストを抑えられたかも、ここでチェックできる。

・ためたエネルギーは好きなときに利用可能

便利なのは、ためたエネルギーを使わずに格納しておけるところ。ユーザーが必要なときに、利用すればいい。日中は仕事で留守だから、昼間はエネルギーをためておいて、夜になってから使う、なんてこともできるのだ。

もちろん災害時にも、存分に能力を発揮。停電などの緊急時には、自動的に切り替わり、この「ORISON」がバッテリー電源となってくれる。

デザインは、シンプルかつスタイリッシュ。インテリアグッズとしても、十分満足できそうだ。プロジェクト公開は、3月12日まで。支援は本体が1,550ドル(約19万円)から、パネルは1,400ドル(約17万円)から、受け付けている。

ORISON/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP