ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

GLIM SPANKY、ラジオ公開収録で野宮真貴とロック談義

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ミニアルバム『ワイルド・サイドを行け』のリリース記念したGLIM SPANKYの特番『ロックは生きている』(InterFM897)の公開収録が、渋谷MODI内HMV&BOOKS TOKYO 7F イベントスペースで行なわれた。

この番組はGLIM SPANKYの2016年のキャッチコピー“ロックは生きている”をテーマに、彼らにとってのロックとは何か? そのルーツを掘り下げていく内容で構成され、新曲のオンエアはもちろんのこと、生演奏やトークゲストも迎えた豪華プログラム。冒頭、進行を務めるMCのトムセン陽子からキャッチコピーについて聞かれると、松尾レミ(Vo)は“最近一部で「ロックは死んだ」とかいう声も聞かれますが、私は「ロックは生き続けている」と思います。なぜならば、ロックの根源は愛や、希望や、平和であり、それを実現できない怒りや衝動がロックにつながってるから”とコメントした。

また、新譜『ワイルド・サイドを行け』については亀本寛貴(Gu)が“前作「SUNRISE JOURNEY」ツアー中に機材車の中で曲を作ったりして大変だったんですが、いろんな楽器を入れてみたり、セルフプロデュースした曲もあったり、いろんな挑戦をした作品です。やりたいことしかやってない1枚!”とアピール。

そして、松尾の幼少からのあこがれの存在、野宮真貴がトークゲストに登場すると、松尾は“すべてが憧れの存在!”とベタ褒め。お互いにロックについて、ファッションについて、思う存分語り合った。最後に、“野宮さんにとってロックとは?”の問いに、野宮は“信念をもって美しく生きる”と話した。

GLIM SPANKYのメンバーも、素敵なトークゲスト、そして会場にいるお客さんから、とてもいい刺激を受けた一日になったそう。番組のオンエアは2月4日(木)20:00~21:00。

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP