体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

美味しい”牛たんカレー”が750円で食べられる件の是非 @『仙臺』神保町

sendai-gyutan011_R

カレーに呪われた筆者は、寝ても覚めてもカレーな日々で御座います。

というわけで、今回はカレーの街”神保町”でも、ちょっと注目な店を紹介してみましょう。

神保町のニューカマー『仙臺』

sendai-gyutan012_R

やや読みにくい店名ですが『仙臺』と書いて「センダイ」と読みます。

神保町には数十年は営業しているカレーの老舗も多いのですが、この『仙臺』は比較的新しい店になると思います。

アグレッシブな立地にある『仙臺』

sendai-gyutan013_R

カレーの街でカレー勝負をする心意気は素晴らしいのですが、隣が『パンチマハル』で正面が……。

sendai-gyutan014_R

『ばんび』とか、ちょっとチャレンジャー過ぎる可能性は否めません。

しかし!

カレーゾンビと化した筆者的には、逆にこの立地で数年間やっている実力に注目しました。

メニュー全般、リーズナブルである

sendai-gyutan000_R

カレーと言えば神保町、神保町と言えばカレーですが、いわゆる名店と呼ばれる店のカレーはちょいちょい1000円超えなパターンが多いです。

しかし!

この『仙臺』は値段もリーズナブルに抑えられていて、学生にも優しい感じになっています。そして学生並の財布ヂカラな筆者にも、必然的に優しくありがたい店である事は間違いありません。

『牛たんカレー』が美味しいらしいですよ?

『ポークカレー』(450円)も魅力的ですが、この『仙臺』は『牛たんカレー』が美味しいらしいので、初見はセオリー通りに攻めてみます。

個人的には同じ”煮込んだら美味しい系”として『牛テールカレー』(750円)も食べたいのですが、この日のランチは4食目なので両方は無理でした。

というわけで、シンプルに『牛たんカレー』をオーダーします。

すると、どうでしょう?

座って3秒で『牛たんカレー』が出て来ました。

sendai-gyutan003_R

嘘です。

厳密には注文してカメラバッグを置いて、椅子に座って振り向いたら『牛たんカレー』が降臨していました。

恐らく注文してから10秒も経っていないと思われ、このスピードは『サンボ』を超えるスーパースピードで御座います。

まあ、ライスとカレーを盛り付けるだけなので、タイミングが合えばマッハなのも当然ですが、このスピード感は素晴らしいですね。

ちなみに以前はラーメン屋さんが入っていた店舗なので、麺茹で機がありました。それに各種カレーを湯煎している感じなので、そりゃ早いよねって感心した次第です。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。