ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Lenovo、10.1インチHoneycombタブレット「ThinkPad Tablet」を米国で発売

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

米Lenovoが8月23日より10.1インチHoneycombタブレット「ThinkPad Tablet」米国向けモデルのオンライン販売を開始しました。販売されているのは3モデル。16GBモデルはWi-Fiのみをサポートしており価格は$499。32GBモデルと64GBモデルはWi-Fiと3Gをサポートしており価格はそれぞれ$569、$669(3G機能は10月頃発売予定の別売モジュールで利用可能になるそうです)。各モデル出荷予定日は最短で8月29日となっています。ThinkPad Tabletは10.1インチ(解像度1,280×800ピクセル、WXGA)サイズのIPS液晶ディスプレイ(表面パネルはゴリラガラスを採用)、NVIDIA Tegra 2 T20 1.0GHz、1GBのLPDDR2 RAM、16GB/32GB/64GBの内蔵ストレージ、背面500万画素のカメラ、前面に200万画素のカメラ、マイクロSDカードスロット、フルサイズのUSB端子、マイクロUSB端子、ミニHDMI出力端子、ドッキングステーション接続用端子、スピーカー×2、マイク、3.5mmオーディオジャックを搭載。通信機能はWi-Fi b/g.n、Bluetooth 2.1+EDRのみ。バッテリー駆動時間は約9時間。本体サイズは260 4mm×181 7mm×14 5m、本体質量は743g(デジタイザペン非搭載時)。ThinkPad Tabletは専用デジタイザペン「ThinkPad Tabletペン」による手書き入力に対応しています(デジタイザペンは別売($30)。また、マイクロUSB・フルサイズのUSB端子やHDMI出力端子、ライン出力、マイク端子等を備えタブレットを縦置きできる「ThinPad Tabletドック」($60)や、トラックポイント付きのキーボードを搭載したフォリオケース「ThinkPad Tabletキーボードフォリオケース」($100)が周辺機器として提供されます。Source : Lenovo


(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、Xi(LTE)タブレット2機種を9月にも発売(日経が報道)
米Sprint向けEvo 3Dのホワイトカラーが9月9日に発売
AT&T向け”Samsung Inpulse 4G”の画像がリーク、AT&T初のLTEスマートフォン?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。