体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

TVでお馴染みのタレントも!ものまねライブを楽しめるレストランがオープン

総工費5億円!コロッケがプロデュースする「CROKET MIMIC TOKYO」

昨日1月27日にオープンした、ものまねエンターテインメントライブレストラン「CROKET MIMIC TOKYO」(コロッケ ミミックトーキョー)。タレントのコロッケさんがプロデュースしたお店です。オープニング前の発表会に参加してきたので、その様子をご紹介したいと思います!

日本最大級のエンターテイメントレストラン

総工費5億円!コロッケがプロデュースする「CROKET MIMIC TOKYO」

東京メトロ南北線・都営地下鉄大江戸線「麻布十番駅」に直結する「コロッケ ミミックトーキョー」。鮮やかに輝くネオンがインパクトのあるエントランス。

総工費5億円!コロッケがプロデュースする「CROKET MIMIC TOKYO」

(C)CROKET MIMIC TOKYO

地下に降りると、そこには白と青を基調としたラグジュアリーな空間が広がります。エンターテイメントレストランとしては日本最大級のキャパシティだそう。ステージの目の前にあるグランドシートは臨場感たっぷり!

総工費5億円!コロッケがプロデュースする「CROKET MIMIC TOKYO」

2階にはVIP席もあります。

総工費5億円!コロッケがプロデュースする「CROKET MIMIC TOKYO」

挨拶をするコロッケさん。お店のインテリアから衣装や照明、さらにメニュー開発など多岐にわたって自身でプロデュースされたようです。総工費はなんと5億円もかかったとか!「ものまねとパフォーマンスを融合させたお店を作りたかった。」「テレビ番組の観覧に来たようなステージをお客さまに楽しんでいただきたい」などと熱く語られていました。

コロッケさん自ら厳選した、一流パフォーマーによるショー

総工費5億円!コロッケがプロデュースする「CROKET MIMIC TOKYO」

続いて約1時間にわたってエンターテイメントショーが披露されました。テレビでお馴染みのものまねタレントやダンサーが出演し、自慢のパフォーマンスでステージや会場は大盛り上がり!

総工費5億円!コロッケがプロデュースする「CROKET MIMIC TOKYO」

トシちゃんを演じる原俊作。雰囲気も歌声も本人そっくりでした。

総工費5億円!コロッケがプロデュースする「CROKET MIMIC TOKYO」

長渕剛の不朽の名曲「とんぼ」を熱唱する武丸。リトル清原も駆けつけてくれましたよ。

総工費5億円!コロッケがプロデュースする「CROKET MIMIC TOKYO」
1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。