体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「社畜たちへ」――丸山健二の「怒れ、ニッポン!」第4回

丸山健二氏のご自宅の庭にて撮影

※小説家丸山健二氏よりご寄稿いただきました。トップ写真は丸山氏のご自宅の庭にて撮影させていただいたもの。

怒れ、ニッポン!

 一度動物園で飼育された動物を自然に返すことは、殺処分も同様の仕打ちであることは自明の理であり、だから、そんな非道な真似をする関係者はほとんどいない。しかし、勤め人の場合は違う。長い余生を送るにはあまりにも僅かな餌を持たされ、あとは自力でどうにかしろということで野に放たれる。

 属している国家や雇ってくれた企業にそれほどまでに恩義を感じなくてはならない根拠など、ひとつもありはしないのだ。国は税金を搾り取り、企業は搾取しただけのことであって、恩を感じてもらわなければならないのは、むしろあなたの側である。それにもかかわらず、何故にそこまで卑屈になるのか。


 あなたという存在をどこまでも蔑ろにし、とことんこけにしているのは、ひょっとするとあなた自身なのかもしれない。あなたの自由を封じてしまっているのは、いかなる場合においても追従の生き方を優先させ、ともあれ周囲と調子を合わせたがるあなたであって、ほかの誰かではないのかもしれない。

 耳に響きのいい言葉のみを捜し回り、その場凌ぎの癒しの言葉のみに期待し、慰め合いに救いを求めるだけでは、同じ悲劇と挫折に幾度も襲われることになる。それ以外の現実にそくした厳しい言葉を余計なお節介としてのお説教と受け止めているあいだは、あまりにも不甲斐ない、イメージ人間のままだ。

 あなたは自分の首輪の立派さを本気で誇るつもりなのか。よしんば宝石や金銀で飾りたてられていても、所詮は枷や軛のたぐいであることに気づかずじまいで定年を迎えるつもりなのか。もともと自由な存在であるべきあなたを不自由にさせているのがその首輪であるという事実に目をつぶるつもりなのか。

 もしもあなたに人間としての尊厳を大切にしたいという気持ちが多少なりともあるのなら、あなたを締めつけ、あなたの自由の大半を奪っている首輪を、その時が訪れたあかつきには自らの手で外さなければならない。人として生きたかどうかは、ひとえにその成否いかんに掛かっている。今がその時かも。

 首輪を外すことを野良犬の立場に身をやつすという意味に解釈してはならない。日々の糧を確保するために、拾い食いしたり、もらい食いしたり、盗み食いしたりするというような憐れな生き方を想像して怯えてはならない。生き物として自力で餌を確保するのは真っ当であり、ために、生きる喜びがある。

 人間的尊厳を重視して生きたい、本来自由であるべき人間に復帰したいという、そんな自然な願望を絶望に終わるだけの夢にしていいのか。それで本当にいいのか。あなたの周りには歯が立たない人間ばかりがいて、かれらに従うしかないのか。徒手空拳を恐れてはならない。孤立無援を嘆いてはならない。

 もう一度言う。いや、何回でも言う。これは不特定多数の民衆のための国家などではないのだ、と。特定少数の連中がいい思いを独占したいがための国家なのだ、と。そいつらの傲慢で豪勢な暮らしを支える、それだけのために我々は存在し、かれらの奴隷として一生を終えるのだ、と。国家なんて幻だ。

 東電と原子力保安委員会の広報係の開き直りの態度がすっかり板についてしまった。いかに危険で、いかにずっこけた内容であっても、ともかく淡々とした口調でもって発表しておけばそれでいいのだという居直りが固定化され、この国の未来を覆い隠した恐怖が一段と凄みを増してきている。ぞっとする。

 安全を殊更強調するのは、それがいかに危険であるかという何よりの証にほかならない。そして、この世に安全なものなどないのだからとする言い訳は、所詮、詭弁のたぐいでしかない。原発に対するただ一辺倒の反対は単純に過ぎ、この問題はもっと複雑なのだとする反論もまた、裏切り者の論理なのだ。

 原発を推進させていい思いをするのは国民ではない。こんなことになってしまって悲惨な目にあわされるのは我々だけなのだ。必要以上どころか、べらぼうに高い電気料金でぼろ儲けしてきた輩は、築き上げた莫大な財力でもって、放射能の届かぬ安全な土地へいつでも好きなときに移り住むことができる。

 牛や豚や鶏のように、肉にされる運命をおとなしく受け容れる手はない。我々は人間であって、家畜ではない。やられっぱなしで死んでゆくことはない。徒死を迎える前に、せめて自分が人間であったことを知らしめようではないか。神妙な顔の裏であざ笑っている輩に一矢を報いてやろうではないか。

1 2 3 4 5次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。