ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ニューヨークで数々の伝説を生んだ「チェルシーホテル」の歴史に幕

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
「テレグラフ」紙オンライン版

 ニューヨークの「チェルシーホテル」――。世界に星の数ほどあるホテルのなかでも、ここほどたくさんの物語を抱えているホテルはないのではなかろうか。センセーショナルなところでは、パンク・ロックの代名詞とも言うべきバンド「セックス・ピストルズ」2代目べーシスト、シド・ヴィシャスが、恋人のナンシー・スパンゲンの死体とともに発見された場所として名を知られている(シドが刺殺したとも言われているが真相は不明)。ほかにも数多くのアーティストや文豪に利用され、数々の伝説を生んだチェルシーホテルだが、ついにその歴史に幕を閉じるときがきたようだ。

 イギリスのテレグラフ紙(オンライン版、2011年8月17日付)やデイリー・メール紙(オンライン版、2011年8月20日付)によると、「チェルシーホテル」は8月上旬に、デベロッパー (開発業者)のジョセフ・チェトリト氏によって買い取られたという。高級ホテルかマンションとして改装予定だそうで、新たな宿泊客は宿泊できず、客室を長期利用している人たちも出ていくように促されており、スタッフもクビとなった。

 「チェルシーホテル」が持つ歴史は長く、そして濃い。1883年に建てられた当初は、ニューヨークで最も高い建物として、その地区の呼び名になるほど目立つ存在だった。しかし、外観とは別にこのホテルの存在を特別なものにしたのは、何よりもその利用客である。『トム・ソーヤーの冒険』著者マーク・トウェイン、短編小説の名手オー・ヘンリーも滞在した。マリリン・モンローの元夫でピュリッツァー賞受賞者の劇作家アーサー・ミラーは、モンローとの離婚のあと6年間チェルシーホテルに住んだ。20世紀を代表するSF作家アーサー・C・クラークが『2001年宇宙の旅』を書いたのもこの場所である。

 作家ばかりではない。先のシド・ヴィシャスのほか、ボブ・ディランは『ローランドの悲しい目の乙女』をこのホテルの一室で書いているし、ジャニス・ジョプリン、ジミ・ヘンドリックス、ジェームス・ブラウン、パティ・スミスなど、挙げれば際限ないほど多くのミュージシャンにも利用されてきた。

 もちろん、一味違う客層のせいでトラブルも多かったようだが、ゴシック様式で憂うつな内装と、豪華とは言いがたい客室(テレビはなく、ルームサービスもない)、少ないアメニティにも関わらず、これだけの人々に愛されたのだから、「チェルシーホテル」には唯一無二の魅力があったのだろう。Twitterなどでもこの知らせに対して「一時代の終わり」「これは悲しい」といった声が集まっていた。しかし多くのファンに惜しまれながらその歴史を終えるのも、また「チェルシーホテル」らしいと言えるかもしれない。

(古川仁美)

◇関連サイト
・Chelsea Hotel: death of the world’s most rock ‘n’ roll hotel – テレグラフ紙(オンライン版、2011年8月17日)
http://www.telegraph.co.uk/culture/music/rockandpopmusic/8705269/Chelsea-Hotel-death-of-the-worlds-most-rock-n-roll-hotel.html
・The world’s most decadent hotel, where Dylan Thomas drank himself to death and rock stars bedded (and murdered) their lovers closes after a century – デイリー・メール紙(オンライン版、2011年8月20日)
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2028125/The-worlds-decadent-hotel-Dylan-Thomas-drank-death-rock-stars-bedded-murdered-lovers-closes-century.html

【関連記事】
セサミストリート制作会社が”ゲイ”説を否定 「バートとアーニーは親友同士です」
すべての足先を切断された犬、”機械じかけの四肢”をつけて走れるように
白血病になった5歳の少年 「モンスター」の絵を描いて治療費をかせぐ
「ウサマ・ビンラディンって誰?」 Twitterに溢れた若者たちの「戸惑いの呟き」
61歳の米女性、娘の代理母出産を引きうけ「孫」を産む

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。