ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ひと先試食】日本人はやっぱり米でしょ! モスライスバーガー『とりの照り焼き』2月9日から期間限定発売

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


モスライスバーガー『とりの照り焼き』が2月9日から3月下旬まで全国のモスバーガーで期間限定発売。このメニューは2015年5月~7月にかけてミラノ万博で限定販売、海外で人気を博した商品。今回、国内初登場となります。

モスを代表するパンをお米に変えたライスバーガーを使った、モスライスバーガー『とりの照り焼き』。編集部スタッフがさっそく一足お先に食べてみました。

食べてみた! モスライスバーガー『とりの照り焼き』(400円)


モスライスバーガー『とりの照り焼き』。メインディッシュ『とりの照り焼き』の上に、オニオンスライス、グリーンリーフ、マヨネーズをライスプレートではさまれています。主役となる、とりの照り焼きはシンプルに下味をつけたモモ肉を直火焼き、余分な脂を落とし、醤油ベースの照り焼きチキンソースに絡めて二度焼きした、こだわりの逸品。

食べてみると、もちもちのライスバーガーにシャキシャキのグリーンリーフと照り焼きが口の中で見事調和。なお、モスライスバーガーは、今回、ライスプレートが全種20グラム増量してパワーアップ。ボリューム満点ですが、グリーンリーフのシャキシャキの食感でさっぱりといただけます。

さむーい冬にあったまる豚汁(290円)も! 全時間帯販売


ライスバーガーと一緒に食べたいメニューとして朝メニューの『豚汁』が全時間帯販売に。豚汁は、かつおと昆布の出汁に、3種類の味噌、さといも、大根、にんじん、ごぼう、豚肉、油揚げが入ったあっさり仕立て。のんでみると、かつおと昆布の出汁の旨みが感じられ、どこか「ホッ」と懐かしさを感じるこの味わいは、冬に心も体もほっこり温まる幸せ味。

モスライスバーガー『とりの照り焼き』に豚汁を合わせれば、ランチや残業後の夜メシにもぴったり。この冬いちど食べてみては。モスライスバーガー『とりの照り焼き』は2月9日から3月下旬まで全国のモスバーガー店舗にて期間限定発売。

製品詳細情報

■商品名・価格: 『モスライスバーガー「とりの照り焼き」』(400 円)*期間限定
2016 年 2 月 9 日(火)~2016 年 3 月下旬
『豚汁』(290 円)*定番商品
2016 年 2 月 9 日(火)~
■販売店舗 : 全国のモスバーガー店舗(一部店舗除く)

公式サイト

モスバーガー
http://mos.jp/

erini (エリーニ)の記事一覧をみる ▶

記者:

バレエと漫画が好きです。特技は漫画の早読み。 ガジェット通信や、Otajoで執筆中。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP