ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

シャープな辛さが病みつきになる激辛カレー @『スズメバチカレー』新橋

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

新橋周辺は美味しい店、しかも渋い名店などが多くあり最近の筆者のツボで御座います。ということで、今回も”新橋周辺”のレポートで

『スズメバチカレー』

に行ってみました。新橋と言えばマニアックな店も多く、どの店から手を付けるか悩ましいところですが、個人的なマイブームであるカレーは絶対に外せません。

大阪にある名店『辛口料理 ハチ』の継承者!

元々は大阪市北区天神橋にあった『辛口料理 ハチ』のDNAを引継ぎ、関東に進出した一号店的な何かが、この『スズメバチカレー』で御座います。

『辛口料理 ハチ』の熱烈なファンが独自のレシピと先代より受け継いだ味を融合させたのが、この『スズメバチカレー』で御座います。

筆者は常々、ガチのカレーマニアはアレな人が多いと思っていますが、それゆえカレーに対する情熱とコダワリは目を見張るものがあります。

なので、この『スズメバチカレー』の味に対する不安は一切ありません。

ランチタイムのカレーは大盛り無料、トッピング1品無料で1000円と、ちょいちょい割安感のある『スズメバチカレー』で御座います。

「ルーのおかわり無料!」

と言う『辛口料理 ハチ』の伝統的なサービスも引き継いでいるようですね。

一応はカレーの辛さも注文出来る『スズメバチカレー』ですが、筆者は初めての店で「激辛」にする度胸はないので、普通の辛さにしてみました。

『スズメバチカレー』を食す!

結果、こんな感じの『スズメバチカレー』で御座います。

カレーとしてはルーもさらっとしたタイプではなく、見た目は大人しいカレーに見えます。

牛肉、それもスジ肉など煮込み料理に向いている部位を使っているようで、長時間煮込んだカレーには、かなり牛肉の旨味が溶け込んでいると思われます。

「いざ実食!」

辛さを強調しているとの事なので、かなりビビリながら食べてみると、意外と大丈夫な予感です。

しかし!

ほんの数口食べただけで、確実に自分の脈拍が速くなるのを実感出来るレベルの、やや危険な辛さが押し寄せて来ました。

これは、相当な辛さですね。

しかもシャープな辛さですので、これは辛いのが苦手な人は100%無理かもしれません。逆に好きな人はハマる辛さとも言えます。

チーズをトッピングしたので、まだ表面的な辛さは押さえられているのですが、体の内部からの反応が半端ありません。

それでも、次から次へとカレーを口に運びたくなる衝動を止められません。

ただ辛いだけではなく、辛さの中の美味しさと言うか、色々なモノが感じられます。

無論、玉葱や人参、チャツネなどの甘さもあるでしょうが、他のカレーには無い、謎の甘い成分が微妙に感じられるような、分からないような感じです(結果、何も分かってません)。

しかし、普通の辛さでこの辛さなのですから、やはり『スズメバチカレー』は侮れません。

辛さを和らげる為に”チーズ”をトッピングしたのは正解だったかもですね。

『スズメバチカレー』 総評

名店も少なくない新橋ですが、この『スズメバチカレー』は、ちょっと気になる存在ですね。

ここまで辛さに特化したカレーは周辺にはないと思われるので、辛いカレーが好きな人は確実に通うんじゃないでしょうか?

しかもランチタイムなら大盛り無料でトッピング1品サービス、カレーのルーおかわり無料と至れり尽くせりで御座います。

このサービス精神もきっと『辛口料理 ハチ』から受け継いだのでしょう。

大阪でブレイクした『辛口料理 ハチ』の実力を考えると、この新橋の『スズメバチカレー』は、まだまだ評価は上がると感じた筆者です。

是非、みなさんも『スズメバチカレー』を試してみて下さい。

『スズメバチカレー』(東京新橋本店)

東京都港区新橋3-21-10 オルバス第一ビル地下1階

営業時間 11:00~24:00(L.O 23:00)
土日祝日 11:00~21:00(L.O 20:00)

定休日:不定休

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP