体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「ニコ動ユーザーの発想にはいつも驚かされる」Yahoo!映像トピックス編集部に聞く

Yahoo!映像トピックス

 ニコニコ動画が主催する「動画アワード2011(夏)」のグランプリが2011年8月31日に決まる。「動画アワード」はニコニコ動画に投稿された動画の中から、視聴者の投票によってグランプリを決めるコンテストだ。今回は審査する側にYahoo! JAPANが運営する映像サービス「Yahoo!映像トピックス」が初参加。グランプリとは別に「Yahoo!映像トピックス特別賞」が設けられることになった。

 Yahoo!映像トピックスとは、どのようなサービスなのか。どういった動画を扱っているのか。そして「Yahoo!映像トピックス特別賞」の選考基準とは。その”ヒント”を求め、ヤフー株式会社メディア編集部の映像トピックスの岡田聡編集デスクに聞いた。

■ニコ動の存在も追い風になった? Yahoo!映像トピックスの成長

――Yahoo!映像トピックスはどのようなコンテンツなのでしょうか。

岡田デスク(以下、岡田):  Yahoo! JAPAN上で2009年から始まったサービスで、ウェブ上の動画のなかから、私たち編集者がお客様に見ていただきたいと思うものを紹介しています。映像を「音楽」や「スポーツ」といったカテゴリ別に探したり、お気に入りの映像を登録したりすることができます。ページ下部には関連リンクをつけることで、動画に興味を持った方がさらなる情報を得られるよう工夫もしています。

――対象はどの年代ですか。

岡田: Yahoo! JAPANのお客様は10代から60代と年齢層が幅広いんです。でも、年代を意識しだすと動画の選択が歪(いびつ)な形になってしまうので、あまり意識はしていません。ただ、エンターテインメントのジャンルは特にそうなんですが、20代後半から30代にかけてのお客様が反応するようなものが多いのかなと。ニコニコ動画に投稿されている初音ミクなどのネットユーザー発のコンテンツも積極的に紹介しています。

――1日に何本くらいの動画をチェックするのですか?

岡田: 数名のスタッフで、日に200本以上は見ていますね。ですが、いま世界中で一秒間に何時間分もの動画が公開されています。だから本当は数十人くらいで面白い動画を探したいんです(笑)。

――これまで運営してきて動画やユーザーの変化を感じることはありますか。

岡田: 映像トピックスの開始当時と比べて動画そのものの環境が大きく変わっていると思います。ニコニコ生放送やUSTREAM、YouTubeなどの影響もあってか、インターネット上で動画を見るのはスタンダードになっているのではないでしょうか。実際にサービスを開始してから、Yahoo! JAPANのトップページに載せているとはいえ、動画を見てもらおうとするのは、かなりハードルが高かったんです。その中で高い成長率を維持できているのは、ニコニコ動画をはじめネット動画を楽しむ方たちの盛り上げや映像コンテンツ業界からの風があったからだと思います。

■「私たちはいわば、勝手にお節介をやいているんです」

Yahoo!映像トピックスの岡田聡編集デスク

――動画をトピックスに取りあげる際の基準はありますか。

岡田: 「これが良い」「これが劣っている」と価値判断をしているわけではなくて、テレビ局やコンテンツ制作会社をはじめ、世界各地で話題になっている動画、アルファブロガーやユーザーから教えていただいたものを総合的に判断して紹介しています。基本的に、私たちは見つけてきた動画にリンクをすることが仕事なんです。その作品を見たときに、新しい世界との出会いとなるためのきっかけを作っています。紹介した動画のあとには関連リンクで動画の制作者の新しい作品や、まったく別の方の関連性の高い動画を紹介することもあるります。つまり私たちは、お客様に対し勝手なお節介をやいているんですね。

1 2次のページ
ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。