体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

さかいゆう、新曲「SO RUN」MVにて百獣の王・武井壮が走りまくる!?

エンタメ

さかいゆうが2月3日(水)にリリースする約2年ぶりのオリジナルアルバム『4YU』。その1曲目に収録されている楽曲「SO RUN」のミュージックビデオに、百獣の王・武井壮が主演している事がわかった。

さかいゆう×武井壮 (okmusic UP's)

「SO RUN」は、さかいが数年前にプライベートで知り合い、すぐに共鳴したという武井壮をイメージして制作された楽曲。「武井さんが走っている所はかっこいいだけでなく、心にグッときます。武井さんが日頃伝えている事、話している事は、何かに頑張っている全ての人が共感できる事だと思うので、その気持ちを歌詞に込めて曲にしました。」とさかいが語る、“応援歌”だ。

ミュージックビデオは、タイトル「SO RUN」にかけて、武井壮(SO)が走りまくる(RUN)内容となり、武井壮の他にも、主婦・サラリーマン・小学生・中学生・社会人などあらゆる世代の人物が一生懸命に走るさまをスタイリッシュに撮影した映像となっている。元・陸上十種協議日本チャンピオンで、昨年フランスのリヨンでおこなわれた世界マスターズ陸上のM40クラスの4×100mリレーでは金メダルを獲得した事もある武井壮のアスリートとしての真剣な表情と、お互いへのリスぺクトが感じ取れるさかいゆうとの共演シーンも必見だ。武井壮の100mの自己ベスト記録“10秒54″にかけて、曲のBPM(テンポ)を「105.4」にしたさかいの遊び心も面白い。

ミュージックビデオ撮影を終えた感想として武井壮は、「『SO RUN』は肩の力を抜いて楽しめるような雰囲気にしてくれる、心の拠り所になるような曲です。タイトルの『SO RUN』は、“自分(SO)が走る(RUN)”、“だから走る”という意味があると思います。自分が43年間、地球の上を走ってきた理由や、気持ちを、走るシーンの一歩一歩に込めました。」とコメント。また、さかいゆうは「『SO RUN』は、負けても転んでも、とにかく頑張っている人に響くミュージックビデオになったと思います。普段見ることのできない武井壮の一面も見れるので、そこも楽しみにしてほしいです。」と語っている。現在、You TubeのAUGUSTA CHANNELにてこのミュージックビデオを視聴する事が出来るので、気になる方は是非一度ご覧になってほしい。 なお「SO RUN」はアルバム『4YU』の発売に先駆けて、iTunesなどの音楽配信サイトにて先行フル配信がスタートしている。こちらも是非チェックを。

さかいゆうは今後、フジテレビ「SHIONOGI MUSIC FAIR」(2月6日放送)や、日本テレビ「バズリズム」(2月12日放送)にも出演する事が決まっている。こちらで見せる圧巻のパフォーマンスにも期待したい。

■「SO RUN」先行配信&『4YU』iTunes プリオーダー
iTunes
http://smarturl.it/9s57bp
レコチョク
http://recochoku.com/s0/sorun/
mora
http://mora.jp/package/43000001/4988017696583/

「SO RUN」MV
https://www.youtube.com/watch?v=66sy2tAylIg

1 2 3次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会