体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ボンクラ男子が“スゴ腕CIA”に覚醒! 映画『エージェント・ウルトラ』みたいな事って本当にあり得るの?

エージェント・ウルトラ

CIAがスーパー・エージェントを生み出そうと、1950年代から約30年にわたって秘密裏に実行してきたプログラム、通称「MKウルトラ計画」。一般市民をスーパーヒーロー並みのスパイにしようと向精神薬を用いてマインドコントロールし、危険なエージェントに改造しようとした極秘計画です。そんなMKウルトラ計画を題材にしたおバカでキュートなラブ&アクションムービー『エージェント・ウルトラ』が1月23日より公開となります。

本作の主人公は、バイト中にスーパーヒーローのサルを主人公にした自作漫画を描きながら、のらりくらりと過ごすダメ男、マイク・ハウエル(ジェシー・アイゼンバーグ)。ある日、マイクは店番中に謎の暗号を告げられる。気が付くとスプーン1本で2人の暴漢を刺殺していた……。なんとマイクは、CIAの極秘計画でトレーニングされた最強エージェントだったのだ!

うだつのあがらないダメ男が実はすご腕CIAだった、というのはボンクラ男子達の妄想ベスト3に入りそうなシチュエーションではありますが、そんな事が現実にあり得るのでしょうか?! 今回は特別に、CIA事情にも詳しい、元公安のK氏にお話を聞いてきました。また、「MKウルトラ計画」についても後半で解説!

エージェント・ウルトラ

―映画をご覧になった率直な感想はいかがですか?

K氏:普通では考えられない様な、面白いアイデアがたくさんあって。これまでCIAやスパイをテーマにした映画って、カッコイイ男が出て来て、ガンガン銃を撃ちまくって、日本のチャンバラものの様なお決まりのパターンがありますけど、これは違いますよね。なので、映画の冒頭は「あれ、これ何の映画だっけ?」と思うほどなんですけど、だんだん惹き込まれる。

―この映画の様に、ある特定の人間を洗脳し、その能力をコントロールしながら何らかの作戦を行う、というような事は実際にあり得る事なのでしょうか?

K氏:私はあると思います。あの組織(CIA)ではおそらくやっているでしょうね。薬を使わなくても、催眠だけで何かヒントを与えると、(本作の主人公のように)いきなり覚醒するというのはあり得ますね。

―では、この映画の主人公の様に、冴えないコンビニバイトが実はCIAのメンバーだったなんて事も……。

K氏:CIAでなくても、諜報機関であればあると思います。例えば、私が藤本さん(インタビュアー)を仲間に入れようとする時には、藤本さんの生まれてから今までの人生や交友関係、家族の事まで全部調べますからね。その上で、その人間の弱点を突いていく、と。それこそ普通に面接を受けて就職をした企業でも、実はそこがスパイ機関の組織であって、その事実をずっと知らないまま働き続ける、なんていう事もアメリカではよくあると思います。組織が巨大すぎて、CIAの長官ですら、その全貌は把握していないと思いますね。

―CIAをテーマにした作品って、それこそ毎年何本も作られていますけど、なぜCIAというテーマがこんなに人気なのだと思いますか?

K氏:奥が深いからでしょうね。CIAをテーマにすれば、出世や家族の話も描けて、危険な事も起きると。日本で刑事ドラマばかり作られるのと一緒です。『相棒』なんかも、刑事ドラマでありながら、描かれている事は身近であったりするから観ている人も面白いという。『相棒』はちょっと長くやりすぎて、同じ様な話が増えてきたなと思いますけど(笑)。

―CIAと日本の政府、公安警察は実際にどんな関わりがあるのでしょうか?

K氏:私が現役の時にはCIAの日本部長やアジア局長から色々な話を聞きましたね。自動車の輸出に関する問題を話し合っている時に、日本の機密事項が、相手国に事前に全部バレていたと。調べてみると、通産省の女性がアメリカ人の恋人に話していたと分かったわけです。つまり、その恋人は相手国のスパイで、偶然を装ってバーで彼女と知り合い、長い時間をかけて信頼を作っていった上で、目的の情報を入手していたんですね。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。