体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

暑い日は“あほなゲーム”で頭を空に! 24時間で“あほなゲーム”を作る『あほげー』参加作品まとめ:その1

暑い日は“あほなゲーム”で頭を空に! 24時間で“あほなゲーム”を作る『あほげー』参加作品まとめ:その1

今週はお盆休みの方も多いと思います。暑い日中は外に出るのも面倒ですよね。思考能力が低下した頭を“あほなゲーム”で空っぽにして、暑さを乗り切ってみるのはいかがでしょうか。そんな“あほなゲーム”を、お題の発表から24時間で制作するイベント『あほげー』が7月15日に開催されました。発表されたお題は「アルバトロス」。24時間という厳しいスケジュールで、なんと32本+1本もの作品が公開されています。

お題の「アルバトロス」は、7月15日の21時ごろ、『USTREAM』の放送で発表されました。放送がアーカイブされていないので記憶が定かでないですが、『Google』の急上昇ワードで、プロゴルファーの有村智恵選手が達成した「アルバトロス」が1位になっていたことがお題の選考理由だったようです。「アルバトロス」は日本語で「アホウドリ」。『あほげー』のお題に「アホウドリ」とは、何か運命めいたものを感じます。

集まった作品は、ゴルフをテーマにしたもの、アホウドリをテーマにしたもの、「アルバトロス」という言葉をもじったものなど、バラエティに富んでいます。作品を発表する『あほげー』公式サイトには“あほボタン”が用意され、投票された“あほ”の総数により、最優秀賞を発表。17日に発表された最優秀作品は、毛氏が制作した『アルバトロスくん決死のコーディネート』となりました。

この記事では17日時点での“あほ”の総得票数の上位10作品、続いての記事では順不動で作品を紹介していきます。ガジェット通信ではゲームへのリンクをすべて設置していますので、すぐ遊んでみたい方はガジェット通信の記事ページ(http://getnews.jp/archives/135974)をご覧ください

あほげー参加作品

1位:アルバトロスくん決死のコーディネート
作者:毛
http://mogera.jp/gameplay?gid=gm0000001076[リンク]

見事、“あほの中のあほ”に選ばれた作品。イケメンのアルバトロスくんをコーディネートして、意中の彼女に告白する着せ替え恋愛シミュレーションです。

あほげー参加作品

2位:鳩を探して三千里
作者:匿名
http://swfup.info/view.php/0908.swf[リンク]

友だちの鳩君に招待されたアルバトロス君が、アイテムを駆使して戦闘機を避けながら三千里を飛行する、爽快なアクションゲーム。

あほげー参加作品

3位:すーぱーアルバトロスクイーン!
作者:くろすけ
http://www.tansio.net/game/ahoge/ahoge_00.html[リンク]

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。