体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『完結マンガ大賞2015』投票結果発表! 見事グランプリに輝いたのは……あの人気ギャグ漫画!

^DDE24410A0B47F1ED126AED5C7CF0703730924412AC3F6DB65^pimgpsh_fullsize_distr

その年完結した漫画の頂点を決める『完結マンガ大賞』。2016年1月16日(土)から2016年1月20日(水)までの5日間、みなさんの1906票もの投票を受けて『完結マンガ大賞2015』の受賞作品がついに決定しました! 

『完結マンガ大賞2015』投票結果

金賞:ラブやん(田丸 浩史) 全22巻 161票
銀賞:乱と灰色の世界(入江 亜季) 全7巻 154票
銅賞:シドニアの騎士(弐瓶 勉) 全15巻 147票

いかがでしょう。予想通り、それとも意外な結果でしたか?  以下、受賞作品のあらすじと、ガジェット通信編集部の漫画好きスタッフのコメントをご覧ください。

『完結マンガ大賞2015』受賞作品あらすじ・ガジェット通信編集部コメント

金賞:ラブやん(田丸 浩史) 全22巻 161票

afa6e0bcc984792438f38f7dc1c24e80

アフタヌーンKC 7月23日発売 全22巻

〜あらすじ〜(公式サイトより)
大森カズフサ、漫画家デビュー!? カズフサといえばロリコン・オタク・無職の3拍子で不動だったはずなのに……。互いに罵り合いながらも同居生活が板に付き、すっかり良いコンビになってしまったカズフサとラブやん。二人の関係に、大きな変化が起ころうとしていた。ミレニアムイヤーに連載開始の本作も、15年の時を経て遂に完結! 愛の天使ラブやんが起こした奇跡を見届けてください。描き下ろしおまけ漫画も収録。

■ガジェット通信編集部スタッフコメント
・かれこれ15年近く連載されていた大河ニートロマン(!?)がついに完結。
お上品さとは無縁なマンガなので、読む人を選ぶかもしれませんが、私は大好きで毎回コミックスが出る度に笑い転げておりました。腹筋崩壊するほどの回もしばしば。金賞も納得の作品です!
・ニート・ヲタク・ロリコンと現代の三重苦を抱える主人公、大森カズフサと、そんな彼をどうにかしようと奮闘するキューピッド、ラブやんによるラブコメ漫画……の筈が回を重ねる毎に業が深くなるギャグ展開に読者の心は鷲掴みになる。周囲のキャラクターも愛すべきダメ人間(天使含む)揃いな上に、王道もパロディもニッチもごたまぜに放たれるネタは、ただただ面白さを優先しているようで、その姿勢は潔くて気持ち良い。真似をしたくなる田丸節全開の名(迷)セリフの数々も必見。

銀賞:乱と灰色の世界(入江 亜季)全7巻  154票

301503000093

ビームコミックス 6月15日発売

〜あらすじ〜(公式サイトより)
オトナになりたかった魔法少女の成長物語、完結。

(c)株式会社KADOKAWA
■ガジェット通信編集部スタッフコメント
・大人サイズの靴をはくと大人の女性に変身できる小学生の乱が起こす騒動と、家族や仲間たちとの絆、出逢い、別れを描いた秀逸な現代ファンタジー。古臭く感じる人もいるかもしれないけれど画力はずば抜けていると思います。
・七巻かけて無邪気で奔放なばかりだった乱が、本当の大人の女性になっていく為に成長していく姿が凰太郎や誠との関係を通じて丁寧に描かれていて、迎えた大団円に読み終わったあとは拍手喝采の気持ちでした。個人的には仁央のスピンオフなど読みたいです。

1 2 3次のページ
しゃむの記事一覧をみる
しゃむ

記者:

食いしん坊万歳!

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。