体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

グローバルとガラパゴスの理想的な共存 『Xperia acro』製品レビュー

グローバルとガラパゴスの理想的な共存 『Xperia acro』製品レビュー

新製品『Xperia ray』が発表されましたが、ドコモの夏モデルにラインアップされているAndroidスマートフォン『Xperia acro SO-02C』のレビューをお届けします。新製品が出るとはいえ、『おサイフケータイ』、ワンセグ、赤外線の“ガラパゴスケータイ”機能の搭載が目玉のこの端末。auでも初めての『Xperia』シリーズとして発売され、まだまだ人気機種として伸びていきそうです。

グローバルモデルをベースにガラパゴス機能を付加

『Xperia acro』の魅力は、グローバルモデルの『Xperia arc』をベースにしながら、その機能を損なうことなくガラケー機能を付加していること。国内向けに作り込んだ結果、Android OSのバージョンアップへの対応が遅れる、あるいはなくなるといったこれまでの国内メーカーの事例を考えると、グローバルモデルをベースに国内向け機能を付加するというソニー・エリクソンの手法は正解と言えそうです。

たとえば、最新の『Xperia ray』で搭載されているオーディオ再生レベルの強調技術『xLoud』は、海外では『Xperia arc』にもソフトウェアアップデートで対応する予定であることから、国内の『Xperia arc』、そして『Xperia acro』にもアップデートが提供される可能性は高いでしょう。Android 2.3.2のバージョンで出荷された『Xperia arc』は、『Xperia acro』発売とほぼ同時期にAndroid 2.3.3へアップデートされていることから、『Xperia acro』でも今後のOSアップデートへの対応が期待できます。このように、最新の環境へタイムリーにキャッチアップしていけるのがグローバルモデルの魅力。とはいえ、アップデートはメーカー単体では実施できず、キャリアとの協調が必要なことから、キャリア側にも継続的なアップデートのサポートを期待したいところです。

『おサイフケータイ』機能を搭載

実機上では『おサイフケータイ』機能は確認できていませんが、カメラ付近にチップを実装しているようです。

「おサイフケータイ」「赤外線通信」「ワンセグ」のショートカットが並ぶホーム画面

ホーム画面にも「おサイフケータイ」「赤外線通信」「ワンセグ」のショートカットが並んでフィーチャーされています。

ワンセグ機能

ワンセグは側面からアンテナを伸ばして視聴します。コントラストを向上し、輪郭を強調する『モバイルブラビアエンジン』は、『YouTube』や撮影した写真・動画に加えてワンセグの映像もサポートするようになったため、ワンセグ画質でもクッキリとした映像を楽しむことができます。

厚みは気にならないレベル

背面はフラットなデザイン

外観をチェックしてみましょう。背面のアーク形状が特徴だった『Xperia arc』に対して、『Xperia acro』はフラットな背面。背面から側面にかけてはラウンドフォルムを採用し、手のひらで包みやすい形状になっています。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。