ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

誤差はわずか2ミリ!コンパクトなレーザー距離計「dTAPE」がスゴイ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

レーザー光の反射データを基に計測するレーザー距離計は、建築・建設や製造などの現場ですでに活用されている。

そのレーザー距離計の使い勝手をさらに良くしたスマートタイプが登場した。コンパクトで、タッチスクリーンを備えた「dTAPE」だ。

・高所の測定にも活躍

電話の子機ほどの大きさが主流な中で、「dTAPE」は10×3.5センチ。開発元のスタートアップは「世界最小のレーザー距離計」とうたう。78グラムと軽いので持ち運びも簡単だ。

小さいからといって、測定能力に遜色はない。dTAPEには20メートル、40メートル、60メートルまで測れる3タイプがある。

単純に距離を測るだけでなく、面積を算出する機能もあるので、家具と壁の距離などちょっとした計測から、建築などの現場でフロアの広さ算出などまで幅広く活躍する。

天井や高所の窓など、手の届かないようなところで使えるのも便利だろう。

・アプリで見取り図作成も

計測したデータはタッチスクリーンに即座に表示されるほか、Bluetoothで連携するスマホなどにも反映される。

そしてアプリ(iOS、Android)では見取り図を作成することも可能だ。例えば、新築の家を計測して、どこにどんな大きさの家具を配置するか図面を見ながら検討する、といった使い方ができそう。

dTAPEは現在、クラウドファンディングサイトKickstarterで資金調達中だが、すでに目標額は達成。順調に行けば、3月にも出荷が始まる見込みだ。

計測することが多い職業の人はもちろん、これからの引越しシーズン、何かと役に立ちそう。20メートル対応タイプなら49ドル〜(約5800円)となっている(送料込み)。

出資締め切りは2月29日。

dTAPE/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP