体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新しい方向性も示した『ニコニコ寄席』が とかく面白い

新しい方向性を示した『ニコニコ寄席』

今月6日、六本木『nicofarre(ニコファーレ)』でユーザー参加型イベント『ニコニコ寄席』が行われた。 このイベントは『ニコニコ動画』で活躍する生主(生放送を配信するユーザー)や踊り手(自身の踊った動画を投稿するユーザー)などがマジック・落語などを披露するイベントだ。 取材にあたり、事前に抱いていた気持ちは正直なところ「一般人が芸をしたところで……」という思いであった。 しかし、イベントが始まると、その思いは綺麗に払拭される内容となっていた。

参加者のバランスの妙

このイベントの良さを説明する上で、まず挙げられるのがバランスの良さだ。 “寄席”のメインと言えば落語であるが、”寄席”とは勿論それだけではない。 手品や漫談などいわゆる”色物”(現在では違うニュアンスで取られがちだが決してそのようなことはない)が会場を暖め、その空気をMCである百花繚乱さん・爆笑コメディアンズさん(この二組も各々演目を行った)が繋げ、次の出し物へと続けていく。 今回の『ニコニコ寄席』は多少変則的な部分はあったものの、立派に”寄席”となっていた。 惜しむらくは時間(電車)の関係で最後までいることの出来なかったお客さんがいたことくらいだろう。

MCを務めた百花繚乱さん、爆笑コメディアンズ半澤さん・秀作さん 百花繚乱さんは女装で手品を行う「オカマジック」も披露 爆笑コメディアンズさんによる漫才

締める所は締め、それでも”らしさ”は失わず

人選の良さもまた光った。 『ニコニコ動画』でお馴染みの手妻師、藤山晃太郎さんや吉本芸人の爆笑コメディアンズさん、また公式放送にも出演したジブリ芸人いずみ包(ぽお)さん、愛用(?)のメイスを振るっての登場で会場の度肝を抜いた現役住職、蝉丸Pさんによる説法など、プロではあるが『ニコニコ動画』に強い層がしっかりと締める。 更に五月病マリオさん・セラさんによる即興でのイラストや、iPadマジックの内田伸哉さんの映像を駆使した演出は、全面LEDの会場を活かした内容で、今後の可能性を示していた。

手妻師 藤山晃太郎さん ジブリ芸人 いずみ包さん 蝉丸Pさん 蝉丸Pさんは実際(リアル)に住職のため、“リア住”と呼ばれている せらさん、5月病マリオさんによる「描いてみた」 せらさんマリオさんのコンビは見ていて微笑ましい iPadマジックでお馴染みの内田伸哉さんはLEDを駆使したマジックを披露
1 2次のページ
ひげおやじの記事一覧をみる

記者:

インターネットの賑わっているところに大概参加をしながら約20年。 ここ最近はニコニコなどの動画サイトを根城にしつつ、何だかよく分からない生活を送る。 生放送においては過去に、日本全国を生放送をしつつ巡ったり、ヨハネスブルグ、ジンバブエ、カザフスタンなど「そもそも回線は大丈夫なの?」といった場所から生放送を行ったことも。 しかし、一番好きな場所は『自分の部屋』とのたまう、自称「世界で一番忙しいニート」・「世界で一番仕事をしない自宅警備員」。

ウェブサイト: http://com.nicovideo.jp/community/co7201

TwitterID: higeoyaji

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。