体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

パナソニック初のAndroidスマートフォンとなるNTTドコモ「P-07C」とソフトバンク「Sweety 003P」が発売中

パナソニック初のAndroidスマートフォン、NTTドコモ向け「P-07C」とソフトバンクモバイル向け「Sweety 003P」が発売されました。それぞれAndroid 2.3(Gingerbread)、4.3インチ(解像度854×480ピクセル、FWVGA)サイズの比較的大きめなディスプレイを搭載する端末です。どちらの手で持ってもスピーディイーにメニュー操作できる「タッチスピードセレクター」や自分の手に合うソフトウェアキーボードを作れる「フィットキー」、天気予報やグルメ情報、ニュース、メール、Twitterなど12種類のサービスの情報を1つのアプリで確認できる「Future Plus」などの独自機能を搭載しています。「P-07C」のドコモオンラインショップにおける販売価格は48,510円+頭金(3,150円)。「Sweety 003P」のソフトバンクオンラインショップにおける販売販売価格は83,520円。※契約タイプによって毎月の割引を受けることができ、端末の実質負担金額が下がります。Source : ドコモオンラインショップソフトバンクオンラインショップ


(juggly.cn)記事関連リンク
Pantech初のLTEスマートフォン「ADR8995」がFCCを通過
HTC 「PI46110」がFCCを通過、女性向け”Bliss”?
中国Meizu、次世代機「Meizu MX」を9月末に発表、2モデルをラインアップ予定、16GBモデルは2コアCPU、32GBモデルは4コアCPU?

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。