体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「メンマが美味しいラーメン屋は成功する!」のは本当か? @『ヌードルズ』町田

noo-9_R

「最近、町田のラーメンが熱い!」と言う事で、今回は東京都の町田市にある『noodles』(以下ヌードルズ)に行って来ました。

まあ、ラーメンがヌルかったらそれはそれで問題ですが、ここ数年の”町田勢”の伸びはヤヴァイですね。確実に「ラーメン・ホットスポット」として地盤を固めて来ている気がします(元町田市民の個人的な感想です)。

つけ麺に定評のある町田の『ヌードルズ』

noo-10_R

筆者も何度か訪れている『ヌードルズ』ですが、いつも『つけ麺』ばかり食べてしまい、ラーメンの方は未食でした。

これではライターとしては如何なものかと存じます。その店の看板メニューばかりを捉えているようではライターとして半人前ではないでしょうか?

むしろ、その店のセカンドラインをアグレッシブに攻めるくらいの気合いを、いつまでも忘れずにいたいと今日この頃の筆者です。

noo-tuke1_R

というわけで、今回は普通にベーシックな『ラーメン』(700円)をオーダーしてみました。

ちなみに『ヌードルズ』のラーメンの原点は、あの『青葉』との事で、このラーメンも”動物系&魚介系”のダブルスープで御座います。

『ラーメン』(700円)を食す!

noo-2_R

洒落たカフェのような店内は清潔感があり、小気味良い接客と相まって居心地は良いですね。

具はチャーシュー、メンマ、海苔とネギって感じで、可もなく不可もないオーソドックスなスタイルですが、盛り付けも丁寧でラーメンへの期待が高まります。

食べやすい『ヌードルズ』のダブルスープ

noo-6_R

豚骨魚介と言う事で、ある程度は味の想像はしていましたが、これはイイ感じのスープですね。

どうしても相模原に住んでいると”家系”の豚骨醤油を食べる機会が多いのですが、良く考えてみると本格的なダブルスープのラーメン屋さんは少ないかもです。

と、言う訳であまり豚骨魚介のダブルスープに馴染みがない筆者ですが、この『ヌードルズ』のスープは好きですね。

豚骨だけよりも魚介の香りで豚骨臭がマスキングされるので、恐らく女子もこのラーメンならイケると思います。

麺は中太麺を使用

noo-8_R

中太麺で小麦の味がしっかりしているストレートタイプです。加水率も普通っぽい感じで、ある意味オーソドックスな麺と言えるでしょうか?

個人的には少しウェーブがかかっている方が、スープの運びも良いと思うのですが、まあそこは好みの問題かもしれませんね。

チャーシュー丼が人気らしい『ヌードルズ』

noo-4_R
1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。