体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【海外の反応】ラーメン好きな外国人による東京のラーメンレビュー 外国人好みの味は?

ramen0

海外の画像掲示板で、東京のラーメン屋を食べ歩いた外国人が、特に気に入ったものを紹介していました。

日本を訪れる外国人旅行者が必ず食べてみたいものリストに挙げるラーメン。最近は海外の観光地でラーメン屋を見かけることも珍しくなくなってきましたが、それらの中には出汁を取っていないスープに即席麺を入れただけの似非ラーメン屋もあったりするため、本場の、本物のラーメンを食べてみたいという人は多いようです。海外の人にはどんなラーメンが好まれるのでしょうか。

ramen1

『えにし』の黒胡椒・塩ラーメン
『えにし』では特定の日に限定メニューを食べることができる。黒胡椒塩ラーメンは、ラーメンの麺の代わりにソバが入った軽めの一品。黒胡椒は小瓶から振りかけるのではなく、挽きたてのもの。

ramen2

原宿の豚骨ラーメン
店の名前は失念してしまったが、豚骨専門店の標準メニュー。東京の他の店と違い、豚骨と鶏ガラを混ぜないので、非常に豊かな味わい。

ramen3

原宿のマー油ラーメン
黒ゴマ油とマー油の豚骨。ゴマの風味が程よく、絶妙なバランス。

ramen4

『大つけ麺博2015』のスパイシーピーナッツ豚骨つけ麺
ラーメン好きには天国のイベント。テーマはつけ麺対ラーメンのコンテストで、好きなメニューに投票して決定する。つけ麺は初体験だったが、感銘を受けた。豚ひき肉とピーナッツが一体となった素晴らしい味。

ramen5

お台場『ラーメン国技館』の北海道味噌ラーメン
典型的な北海道味噌ラーメン。コーンとバターに注目。追加でネギを注文したらたくさん付けてくれた。

ramen6

『花田』上野店の味噌ラーメン
コップが愛らしいで賞。卵が贅沢でしょ。極太硬め麺はどれもお気に入り。

ramen7

『多賀野』の醤油ラーメン
引っ越した当時は知らなかったが、『多賀野』はラーメン店が競合する地域の中でも最高の店。『ミシュラン』のビブグルマンと『食べログ』トップ10にも選ばれる本物。「中華そば」は鶏ガラベースの醤油味。チャーシューは今まで食べた中で最高。最高の標準的なラーメン。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。