体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ソロデビュー・Mステ・紅白出場と大活躍! 飯田里穂インタビュー「可愛いけど甘くないのが“りっぴー”っぽい」

飯田里穂

アニメ『ラブライブ!』の星空凛役として大人気の“りっぴー”こと、声優・アーティストの飯田里穂さん。昨年7月にはソロでビューアルバム『rippi-rippi』を発表し、キュートな歌声と表現力で多くのファンを魅了。

1月13日には待望のファーストシングル『KISS! KISS! KISS!』をリリース。前山田健一作詞・作曲による極上のポップナンバーは、「大好きなのにちょっと奥手な彼」にヤキモキするという、アイドルチックな一曲に仕上がっています。

今回は、飯田里穂さんにシングルについて、ライブについて、最近ハマっている事など、色々とお話を伺ってきました。

(撮影:wosa)

飯田里穂

―『KISS! KISS! KISS!』聴かせていただきました! とても可愛くて、すぐに歌ってしまうポップさも、ファーストシングルにふさわさしいと勝手ながら感じました。前山田健一さんに楽曲を作っていただいた感想を教えてください。

飯田里穂:前山田健一さんの曲はこれまでも聴いていましたし、テレビ番組等での活躍も観ていて、まさか自分の曲を作っていただけるなんて思ってもみませんでした。実際に曲が完成して、Aメロからサビの前のガラッと雰囲気が変わる所や、一度聴いたらすぐに口ずさんでしまう様なメロディなど、さすがだな! と感激しました。

―イントロのちょっとディスコっぽい雰囲気というか、ダンサブルな雰囲気から、元気で可愛いサビの部分まで、一曲の中に色々なメロディがつまっていますよね。

飯田里穂:ノリが良くて、ライブでかなり盛り上がりそうな曲だなと思い嬉しかったです。サビの『KISS! KISS! KISS!』の部分は皆で歌いたいです。

―それはすごく盛り上がりそうです。歌詞では、「2回目のデートでも手をつながない」ボーイフレンドに対し、「私たちは中学生じゃないのよ!」なんてヤキモキしてしまう、女心が描かれていますね。

飯田里穂:そうなんです、すっごく可愛い歌詞ですよね。草食系のボーイフレンドにちょっとムッとしながらも、でも好きっていうツンデレな気持ちをこめて歌いました(笑)。

―こういう女の子には共感出来ますか?

飯田里穂:そうですね、草食系の男子が増えている今、こういう事を感じている女の子って結構いるんじゃないかなあ。でも、曲のサビでは、ボーイフレンドが人混みに紛れてキスをしてくる、という描写があって、これは「ロールキャベツ男子」ですよね! 女の子なら、ロールキャベツ男子にキュンとしちゃうと思います(笑)。決めるところは決める男性って素敵ですよね。

―ギャップですよね、最高です(笑)。PVも、とても面白い仕上がりになっていました。

飯田里穂:3人の飯田里穂をイメージしたPVになっています。3パターンの全然違う衣装を着させていただいて、すごく楽しかったです。ふわふわのスカートを履いたガーリーなパターン、オレンジ色のコートでレトロなパターン、黒のレザーに白髪のウィッグでサイバーなパターンなのですが、それぞれにちょっとクスっと笑えるシーンがあって。可愛い衣装なのにガイコツにキスしている所だったり、クールな衣装なのに、パソコンのキーボードを持っている所だったり、そういう部分にも注目していただきたいです。

飯田里穂

―個人的に一番お気に入りの衣装はどれですか?

飯田里穂:う〜ん、迷いますけど、このレトロな服装は楽しかったですね! サングラスをカチューシャみたいにつけたり、つけまつ毛も、蝶になっていて、普段出来ない格好だから、思い切り楽しみました。CDジャケットも3パターンあって、この大きいリップと写っているのも可愛いですよね。

1 2 3次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会